2008年12月12日

ワイドも選択肢に?

久しぶりに馬券を買ったゴールデンホイップT。
ピサノアルハンブラを軸に馬連流しするも、惜しくも3着になり外れたが、
2着に来たブービー人気の馬とのワイドが、16Kの万馬券じゃないか!

ワイドで買ってたら、1着とのワイドと合わせて、19Kの払戻し…。
1,2着馬とも、馬連では流していただけに…。

馬連万馬券派の自分には、配当的にどうも抵抗があるけど、
場合によっては使い分けるのもアリだなあ。

良い勉強になりました。
posted by 仮初め at 01:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 万馬券優先主義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

久々の馬券購入

馬券買ったの久しぶりだなあ。4年以上ぶり。
もっと久しぶりかも。

今週を選んだのは、穴の女神が俺を呼んだからだな。
外れたけど…w

選んだのはWSJS最終戦、ゴールデンホイップトロフィーのみ。

阪神12R 2008ゴールデンホイップトロフィー(準オープン 芝外1600)

東西メインが万馬券決着で、更に万馬券出るかは自信無かったので、
取りあえずパドックを見たら、ピサノアルハンブラが良く見えた。
体重減で太め解消と見て、ここから流し。

4角で一旦置かれるも、直線でグイグイ伸びて来たのだが、惜しくも3着…orz

勝ったクラウンプリンセス(5人気)はダービーニュースの調教特注馬。
それで10キロ増だから、身が付いてきたという事か。

問題は2着のマッチメイト(ブービー人気・単勝102.8倍)
ただ後で言うのもナンだけど、この馬は気になってた。

まず、種牡馬のクロコルージュ
エルコンドルパサーが渡仏初戦として挑んだ1999年のイスパーン賞で同馬を破り、
凱旋門賞ではモンジュー、エルコンドルパサーに次ぐ3着。

そのクロコルージュの父は、レインボウクエストだから、
1400までしか走らせてないのが疑問に思うくらい。
リプレイを見ると、走法が大跳びだから短距離は不向き。
距離延長が吉と出た形。

でも近走負けすぎだったからなあ…。

また、ゴールデンサドルTのエーシンビーエル同様に連闘だったし、
何と騎手は、そのエーシンの鞍上だったメンディザバル。

ゴールデンサドルTが終わった時に、この騎手は要注意だと思ったけど、
また人気薄で大仕事するとは思わなかった。
って言うか、さすがにこの馬(マッチメイト)では「無いな」と思ったw

我が本命ピサノアルハンブラは、スタート直後に仕掛けていき、
道中は内外を挟まれて突っ張った走り。

縦長の展開の真ん中あたりの好位置を追走しながらも、
4角では他馬よりも遅めの仕掛け。
直線で前が塞がり進路を変えるロスがありながら、
前を行く2頭にグイグイ迫るも、惜しくも届かず。

悔しさの余り、思わず競馬新聞を下に振ってしまったw
2着に来れば、7150円付いたのに…_| ̄|○

パドックでも良く見えた、人気の8枠両頭だけど、
ハイペースに対処できなかったのか、良い所全然無しw

人気薄2頭を連対圏に持ってきたメンディザバルが、WSJS総合優勝。
10Rでは1番人気でコケたけど、人気薄を持ってくるのも騎手の腕。
来年の出場もお待ちしておりますw

ジャパンカップダート

どうせ堅いだろうと思ってケンした。

思い込みは物事を見えなくする。
確かにヴァーミリアンサクセスブロッケンは強いけど、
両馬とも先行馬だという事に引っ掛かりを覚えないといけない。
そして何より、単調に飛ばすアメリカ馬が居たという事。

人気両馬の敵は、アメリカ馬そのものでは無く、
アメリカ馬が作り出した、アメリカ競馬特有のハイペースだったのでは。

サクセスブロッケンは、その罠にまんまと嵌ってしまったワケだがw

勝ったカネヒキリは、
28か月半ぶりの前走が上々の試運転で、人気の無い今回こそ狙いどころ。
内々でロス無く運び、位置取り・仕掛け所も良く、
リトルアマポーラに続き、またしてもルメールのファインプレー。

2着にやってきたメイショウトウコンだけど、
前走が人気2頭と僅差、4着以下には0.4差だから、
オッズほどの実力差は無いとも言えるし、
追い込みの当馬にとっては、ハイペースは大歓迎。

道中は腹を据えて最後方の位置。
3〜4角で、早々にヴァーミリアンに見切りを付けて交わしに行った藤田騎手の腕も光った。

3着に敗れた、人気のヴァーミリアンだけど、
やっぱり武が乗れないのは痛かった。
着差が着差だけに、手替わりの影響が無かったとは言えない。

アメリカから来た馬がハイペースを演出し、3〜4角で各馬が動き出し、
差し・追い込みが決まるというのは、来年以降もあり得るかも。
阪神に変わった事で、より難解なレースになっちまいましたねぇ。

ターコイズS

荒れると思ったけど、穴馬が多すぎて…w
カレイジャスミンは地味だからなぁ…。

去年のこのレース2着で、調教動いたザレマから行くのが現実的か。
まあ、逃げ切るとは思わなかったけど。


P.S.
久々に土日とも予想したけど、
これからも、予想して、レースを見て、って感じで、
徐々に競馬勘を取り戻していけば、久々の万馬券奪取も出来るかな?


JCダート、カネヒキリが優勝
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=688928&media_id=4
posted by 仮初め at 03:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 万馬券優先主義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

WSJS いきなり万馬券

荒れると期待はしてたけど、1レース目で出たか…。

阪神10R 2008ゴールデンサドルトロフィー(1000万下 芝1400)

ウインズに着いた時は、既にレース終わってたw
悔しいけれど、次の為に復習しておこう。

途中 10.4-10.9を計測する超ハイペースで、
上がり3F 37.3 走破タイム1.22.1
これが波乱の要因。

1番人気タマモナイスプレイは、このペースを3番手で追走。
それでも「ハナ+ハナ+クビ」の4着に粘ったのは流石。

勝ったエーシンアロー………
ん?「エイシン」じゃないのか…。まあ、いいや。

勝ったエーシンアロー(5人気)は持ち時計No.1
2番人気のライトグランデュアと同タイムだし、
近走惜敗続きだったから、狙いは立ちやすい。

最後の直線では、
前をカットされて、進路を横に変えざるを得ない不利がありながら、
そこから立て直してからグイグイ伸びて来て、
ゴール前では、
タマモナイスプレイとチョウカイファイト(4人気)の間を割って来るという、強い勝ち方。

波乱の立役者、11番人気のエーシンビーエルは、
この乱ペースで、道中後ろから3番手という絶好位w
直線は大外から追い込んできて、本命党を撃沈w

ではレース前に狙いが立たなかったのかと言うと、そうでも無い。
夏の小倉では善戦してたし、
昇級初戦は、ハイペースを好位追走したものの大負けせず。

叩き2戦目かつ連闘。サクラバクシンオー産駒。
何より、追える外国人騎手に手替わり。

レースが終われば、何とでも言えるw


さてと、明日の予想でもするべか…。
posted by 仮初め at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 万馬券優先主義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月31日

チャンス生かせず

久々に競馬やってみようかと思って、
土曜日に、日曜の新聞を買いにいくついでに場外に行ってみた。

場外でも関西の全レース買えるんだ。

JpnIIIの毎日杯のレース実況で『毎日杯GIII』って言ってたな。

レース中継で1000mの通過タイムが出てる。

シルクフェイマスって、まだ現役だったんだ。

まだ競馬新聞は410円なんだ。

と思ったら、再来週からエイトが450円になるのか。
他も追随するだろうね。


高松宮記念よりも、毎年荒れるマーチSの方が目当てだったけど、
競馬新聞を一見したら、今年は久々に堅そうと判断したんだけど、
マーチS、今年も馬連万馬券かよ…。
もう、荒れっぷりは函館記念超えたな…。

ダービーニュースの展開予想は、軽量の差し馬ナナヨーヒマワリを推奨していて、
一応、目に留まったんだけど、どうも荒れる気がしなくて予想もしなかったけど、
後から考えると、難易度の低い万馬券だったなぁ…。

久々に競馬新聞を買って、こういうレースに出くわしておきながら、
全く手を出さないなんて、実に勿体無い事をしました。

マコトスパルビエロがフィフティーワナーを交わして2番手に上がった時に、
『うわ〜〜〜(凹)』って思ったけど、そんな虚脱感も久々の経験w

ナナヨーヒマワリの母、ナナヨーウイングは、
オークスで2着に飛び込んで万馬券を演出したけど、
親子揃って万馬券に絡むっていう馬も結構居たりする。
posted by 仮初め at 22:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 万馬券優先主義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

万馬券フーリガン

中京記念で、ローゼンクロイツが勝って万馬券。
また、薔薇一族から万馬券ホースが誕生。
しかも馬連配当は、ジャスト10000円
万馬券派にとって、憧れの配当金w

しかし、相手関係もあるだろうけど、
何か、中京巧者になりつつあるのが…。

まあ、薔薇一族はGII・GIIIまでは獲れても、
GIが…。

土曜中山の障害では35万が出たり、特別で6万が出たり
久々に大きい穴が炸裂。

金銭的に競馬に参加出来ないし、
参加しても当たっていたかどうかも分からないのに、
大穴が出ると盛り上がってしまうという、
万馬券フーリガンの性w
posted by 仮初め at 23:22| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 万馬券優先主義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

ディープ1強時代終焉

ディープインパクト引退で、感傷的な台詞が踊ってる。

確かにディープは強かった。

でも、強すぎた故に競馬は面白くなかった。

2強3強といった構図があり、
時に破れ、そして雪辱するという方が見ていて面白い。


歴代最強馬という声も当然だけど、
同時期に走ってない馬を比べるのは無意味だ。

P.S.
東京でのGI3勝が全て万馬券、
グラスワンダーというライバルも居た、
スペシャルウィークの頃が、僕は好きだなw
posted by 仮初め at 23:59| 東京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 万馬券優先主義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

ディープインパクト問題

使用したら失格になり得る薬物を知らなかったスタッフがアレなだけで、
私的には、別に問題無いですw

異国の地から無事に帰って来てくれただけで充分。
出来る事なら、1度も走らずにこのまま引退して欲しい。
ライスシャワーの時のような、寂しい思いをするのは嫌ですし。

今回の件で、種牡馬としての価値が下がるワケでは無いし、
私的には、別に問題無いですw

P.S.
こういう時に「夢」だ何だという言葉が飛び交いますが、
どういう意味で使っているのか、良く分かりませんw

穴党の私からすれば、

競馬の夢は「馬券」にあり
posted by 仮初め at 20:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 万馬券優先主義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月27日

松永幹夫メモリアル〜インターマイウェイ@大阪杯

久々の競馬カテゴリーですw

今、JRAのHPでは、
松永幹夫騎手が勝利した全重賞競走の映像が見られます。

その中で一番印象に残っているのは、1995年の大阪杯

形勢三巴と言われながら、3頭とも飛んで、
単勝万馬券の当馬が勝ち、馬連は6万馬券。

実績馬が出走していたとしても、
展開次第でどうにでも転ぶ恐ろしさを見せつけられました。

競馬を始めて半年近く経っていた頃で、
穴党の道を進んでいた自分にとっては、
改めて、穴馬券を獲る難しさを思い知らされた日でもありました。

当日は、中山でも4本の馬連万馬券が飛び出し、
本命党には呪われた日だったけど、
せっかくのフィーバーの波に乗れなかった一穴党も、
ガックリと肩を落として帰路に着いたのですw

今でも忘れられない、この日の中山6R。
http://keiba.nifty.com/db/race.php?type=race&race=199506030406

1着〜4着までが、ハナ+ハナ+ハナの激戦でしたが、
5頭BOXの中に1着馬だけ入っておらず
悔やんでも悔やみきれない外れ方をした自分には、
その数時間後の大阪杯の6万馬券は、
悪魔の仕業としか思えませんでしたw

今、あの時の大阪杯の動画を見ると、
あの日の悔しい気持ちが、昨日の事のように思い出されます。


P.S.
1995年4月2日 第39回 産経大阪杯(GII)

1着 4番 インターマイウェイ 1:59.3
2着 7番 ダンシングサーパス 3/4
3着 5番 エーブアゲイン   ハナ

単勝 4番 14040円
枠連 3-5 6880円
馬連 4-7 62930円
posted by 仮初め at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 万馬券優先主義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

3歳牝馬戦線、荒れ模様

土曜のエルフィンSは、馬連57530円の大波乱。
そういや先日の紅梅Sも、馬連29050円。
昨年の阪神JFは、馬連19200円。

今年の牝馬クラシック戦線は異状ありですか?(期待)
posted by 仮初め at 04:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 万馬券優先主義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

ストラテジックチョイス作戦〜人気薄の外国馬を狙え

マイルCSのデュランダルの敗因と、
ハットトリックの好走については、
柏木のコメントで充分。

単勝1倍台は、買いかぶり過ぎだった。

そんな事よりも、
マイルCS後の東京最終レースで、
マルカシェンクの2歳上の兄・スターエフェクトが、
最低人気で激走。
チェックはしていたんだが、まあ買えねぇなw

ちなみに、
スターエフェクト騎乗の津村騎手の事を知らなかったので、
ちょっと調べてみた。

昨年デビューの19歳。
2004年、民放競馬記者クラブ賞受賞。
今年34勝と、関東の同期ではダントツの成績。

…φ(._.)メモメモ

しばらく競馬をやらないと、若手騎手の情報にどんどん疎くなる。


〜ジャパンカップ〜
ジャパンカップの外国馬の取捨は難しいが、
大概、人気通りには来ないものだ。

むしろ、外国馬の中でも人気の無いヤツが、
馬券圏内に飛び込んで来る。

シングスピールが買った1996年のレースで、
3着に来た10番人気のストラテジックチョイスは、
その年の凱旋門賞馬エリシオ(1番人気)と同着だった。

その時以来、外国馬は人気薄こそ狙うべきだと思い、
ストラテジックチョイス作戦」と勝手に名付けて、
ヒモ穴を狙うようにしている。

実際2年後に、12番人気のインディジェナスが2着に飛び込んで、
1番人気のスペシャルウィークとの組み合わせでも2万馬券だった。
まあ、馬券は買って無かったけどw

2000年の中山グランドジャンプでも、
11番人気のボカボカが突っ込んできたし、
海外での実績はアテにならないという良い例です。

今年も、そんな馬居ねぇかな〜w

P.S.
「ジャパンカップはおまかせ」の合田直弘さんによると、
ジャパンカップダートに出る外国馬の中で、
一番強いのは、ラヴァマンだそうです。
posted by 仮初め at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 万馬券優先主義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

今週の2歳戦(除・未勝利戦)2005#22

☆11月12日(土)

東京3R ダ1600(良) 1:41.2

モンサラーシュ(牡 美浦・清水利章厩舎)
父:チーフベアハート
母:アンテリージェ(カコイーシーズ)


東京4R 芝1800(良) 1:51.6

ルビーレジェンド(牝 美浦・萩原清厩舎)
父:アグネスタキオン
母:ルビア(ルビアノ)


京都4R ダ1200(不良) 1:13.4

ヤマニンエマイユ(牝 栗東・浅見秀一厩舎)
父:ホワイトマズル
母:ヤマニンザナドゥ(トニービン)


京都6R 芝1800(稍重) 1:48.1

フサイチパンドラ(牝 栗東・白井寿昭厩舎)
父:サンデーサイレンス
母:ロッタレース(ヌレイエフ)


〜500万以下〜
東京6R ダ1300(良) 1:19.3

タガノエクリプス(牡 栗東・川村禎彦厩舎)
父:フジキセキ
母:サマープロテクター(ヘクタープロテクター)


京都5R 芝1200(稍重) 1:10.1

フィールドカイザー(牡 栗東・山内研二厩舎)
父:クロコルージュ
母:シンモーション(ロドリゴデトリアーノ)


〜オープン〜
東京11R 第41回 京王杯2歳ステークス(GII) 芝1400(良) 1:23.3

デンシャミチ(牡 栗東・田中章博厩舎)
父:サクラバクシンオー
母:バーンダンス(マルゼンスキー)


☆11月13日(日)

東京5R 芝1600(良) 1:36.0

マッチレスバロー(牡 美浦・萩原清厩舎)
父:フレンチデピュティ
母:マッチザピース(ジェイドロバリー)


東京6R ダ1300(良) 1:20.8

ロードクライマー(牡 美浦・菊川正達厩舎)
父:スキャン
母:ニアネスオブユー(ハギノカムイオー)


京都4R ダ1400(稍重) 1:25.6

セイウンワキタツ(牡 栗東・田所秀孝厩舎)
父:フォレストキャンプ
母:Loveswept(クレヴァートリック)


京都5R 芝1400(良) 1:22.4

プレザントウインド(牡 栗東・古川平厩舎)
父:クロフネ
母:レディウィンダーメア(プレザントコロニー)


福島2R 芝1200(良) 1:12.0

フサイチプルミエ(牡 美浦・池上昌弘厩舎)
父:フサイチソニック
母:パーソナルファイル(プライベートアカウント)


〜500万以下〜
東京9R 赤松賞  芝1600(良) 1:35.3

アイスドール(牝 栗東・池江泰寿厩舎)
父:キャプテンスティーヴ
母:ビスクドール(サンデーサイレンス)


京都9R 黄菊賞 芝1800(良) 1:49.9

グロリアスウィーク(牡 栗東・音無秀孝厩舎)
父:スペシャルウィーク
母:グロリオーサ(フレンチグローリー)
posted by 仮初め at 08:57| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 万馬券優先主義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

第41回 福島記念(GIII)

展開予想は違ってたけど、トウカイトリックが来たので予想は勝利。
しかも、堅かったので行かなくて正解w

レースの方は、
ハイペースから外差しが決まる、
という大方の予想に反して、スローペース。
4角1&2番手の2頭がそのまま1&2着。
それなのに、上がりが35秒8掛かっているのがこのレースらしい。

トウカイトリックは、ただ1頭最内を通らせた芹沢のファインプレー。
ダービーニュースに書いてあった通り、手応え以上に渋太かった。

しかし藤沢厩舎の馬は福島弱いね〜w
posted by 仮初め at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 万馬券優先主義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

福島記念を予想してみた

中2週で競馬新聞を買うなんて、何年ぶりだろう。
で、楽しみにしていた福島記念の予想をしてみた。


正直、万馬券派が肩透かしを食らうような結果になりそう…。

菊花賞の日に福島民友カップで万馬券を狙ったら、
ソコソコ印のある馬同士(6&3人気)が来て、馬連5010円という、
何とも煮え切らない結果になったが、
福島記念にも何となく似たような匂いが…。

今日のメイン、新・白河市制施行記念(馬連13440円)が、
差し・追い込み決着になったのを見ると、
やっぱり福島記念も、差し・追い込み馬に注目してまうのだけど、
人気のグラスボンバーエルノヴァワンモアチャッターともに、
切れる差し馬なワケで、どれかは来るだろうと思われる。

そうは言いながら、無理矢理にでも穴を探してみると、
トウカイトリックマイネヌーヴェル

まず、トウカイトリック

やっぱり、この時期の3歳馬は、
夏を越えて成長している時期なのだが、
斤量面で古馬よりもアドバンテージがあるため、
実績では劣っても妙味がある。
53キロなら面白いと思う。

しかも、ダービーニュースには、
・好バランスでムダがない馬体が目立つ。充実著しい
・勝負どころの手応え以上に渋太いタイプ
・神戸新聞杯も菊2着馬とは0秒2と小差

と書かれていて、もしやの期待が膨らむw

そしてマイネヌーヴェルは、
何と言っても、昨年の福島牝馬Sでの豪脚が忘れられない。

思い出は馬券的中の敵」だと思うが、
この馬の一瞬の脚は、小回りのハイペース向きだと思う。
テッポー実績も魅力だ。

ただ、梶騎手の今年の成績が(3・3・6・127)
連対率.044というのが、軽くヤバイ

あくまで、有力馬の凡走という条件が付くが、
ヒモに引っ掛かってくれれば良いくらいの気持ちで、
人気馬と絡めて、夢を見てみたい気がする。

〜エリザベス女王杯〜
冷静に考えると、
福島記念の予想に頭を抱えるよりも、
人気馬を軸にして、当レースの3連単を買った方が、
効率が良い気がする…って言うか、おそらくそうなるw

でも堅そうなので、予想はしないw
posted by 仮初め at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 万馬券優先主義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

荒れる重賞〜目黒記念・福島記念〜

06年目黒記念はダービー後の最終12R(11月04日)

来年の目黒記念は、
現在の「オークス前日」から、
日本ダービーの日の最終レース(薄暮)に移動するらしい。
目黒記念の売上が、ここ数年減少続きだからだそうだ。

東京競馬場2500mで行われる重賞は、
目黒記念とアルゼンチン共和国杯があるが、
ともに、荒れるイメージがある。

実際調べてみると、思ったほど荒れてないのだが、
次走に有馬記念を勝つグラスワンダーが沈んだ事もあり、
展開次第でどうにでもなるコースでもある。
逃げ残り・先行馬総崩れ、両方ある。

そんな難コースの重賞が、ダービーの最終に組まれるワケで、
しかも時期的に、フルゲートは18頭。

「ダービーの日だから、競馬場に来ました」
なんて言うトーシローさんが、簡単に当たるレースでは無い。
もちろん穴が出る保証も無いので、穴党が当たるとも言えないがw、
ダービーデー特有の「異常オッズ」に期待!


荒れる重賞と言えば、今週の福島記念
フルゲート16頭に、登録が36頭(うち2頭回避)
そこにハンデを付けちゃうから、ワケワカラン。

ローカル福島の最終日に行われるため、
レースの上がりが35秒台後半〜36秒台掛かる。
ポートブライアンズが勝った1999年の時なんか、
良馬場なのに、39.3秒である。
本当に、芝コースでレースやっているんだよな?w

そして、荒れる時は追い込み馬が突っ込んで来る時だ。
昨年のミスキャストとか、
2001年のサイレントセイバーとかがそうだ。

そんな馬を探し当ててみたいものです。
posted by 仮初め at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 万馬券優先主義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

今週の2歳戦(除・未勝利戦)2005#21

恐れ入りました、アルーリングボイス
どうせ、アルーリングアクトと同じ末路を辿るだろうと、
高をくくっていた…。

今週は、テンザンストームスギノキューティーと、
懐かしい馬の子供が勝利していたけど、
個人的に注目なのは、
日曜東京5Rを勝ったモンテチェリー
って言うか、その母・ルベールターフ

ルベールターフ産駒のダイワルベールに、
万馬券を獲らせて貰った事があり、良く覚えているのだけれど、
ルベールターフと言う名前とは裏腹に、ダートで良く走る。

ルベールターフにランズダーンを付けた子供には、
先のダイワルベールと、ダイワキャンディが居たが、
ともに準オープンのダート1200を勝っている。

ルベールターフの父がスティールハートだからか、
短距離に適正があるようだ。

今回も、ホワイトマズルという微妙な種牡馬を付けてきたが、
ダ1400を逃げ切り勝ちするという、この血統らしい勝利。

どこかで、万馬券に絡んで下さい。
そして、その時に馬券を買う事が出来れば幸せですw


☆11月5日(土)

東京4R 芝1600(良) 1:37.1

シークレットコード(牝 栗東・森秀行厩舎)
父:フサイチペガサス
母:マジックコード(ロストコード)


東京5R 芝2000(良) 2:05.1

ミレニアムウイング(牡 美浦・藤沢和雄厩舎)
父:サドラーズウェルズ
母:Angelic Song(ヘイロー)


京都3R 芝1600(良) 1:36.0

メイショウゲンジ(牡 栗東・佐山優厩舎)
父:マヤノトップガン
母:ニューシャグラ(リードオンタイム)


京都5R 芝1200(良) 1:08.7

エアラホーヤ(牝 栗東・藤原英昭厩舎)
父:ボストンハーバー
母:テンザンストーム(ストームキャット)


福島2R 芝1200(良) 1:09.9

レッドスプレンダー(牡 美浦・小島太厩舎)
父:サクラバクシンオー
母:ルビーベイビー(ハウスバスター)


〜500万以下〜
東京9R 百日草特別 芝1800(良) 1:48.2

ニシノウェーブ(牡 美浦・小西一男厩舎)
父:メジロライアン
母:ウェストビーチ(ミスワキ)


京都6R 芝1400(良) 1:21.5

エムエスワールド(牡 栗東・湯窪幸雄厩舎)
父:ステイゴールド
母:トップワールド(マルゼンスキー)


☆11月6日(日)

東京5R ダ1400(良) 1:26.8

モンテチェリー(牝 美浦・小島茂之厩舎)
父:ホワイトマズル
母:ルベールターフ(スティールハート)


東京6R 芝1400(良) 1:24.1

リネンアピール(セン 美浦・南田美知厩舎)
父:サニーブライアン
母:リネンサプライ(ミルジョージ)


京都5R 芝2000(良) 2:05.3

マジックアワー(牡 栗東・山本正司厩舎)
父:サンデーサイレンス
母:フランカ(シーキングザゴールド)


京都6R ダ1200(良) 1:12.5

ナムラオシリス(牡 栗東・矢作芳人厩舎)
父:フサイチコンコルド
母:フジミソレント(ブレイヴェストローマン)


〜オープン〜
京都11R 第10回 KBS京都賞ファンタジーステークス(GIII)  芝1400(良) 1:21.4

アルーリングボイス(牝 栗東・野村彰彦厩舎)
父:フレンチデピュティ
母:アルーリングアクト(エンドスウィープ)


福島10R 福島2歳ステークス 芝1200(良) 1:09.2

プラチナローズ(牝 栗東・浅見秀一厩舎)
父:クロフネ
母:スギノキューティー(マジェスティックライト)


さて、来週は待望の福島記念。
エリザベス女王杯なんかは無視して、
福島に宝の山を探したいものである。

とか言っていると、
福島記念よりエリザベス女王杯の方が、
高配当になったりするんだよな〜w
posted by 仮初め at 22:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 万馬券優先主義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

今週の2歳戦(除・未勝利戦)2005#20

☆10月29日(土)

東京5R ダ1600(良) 1:42.4

ゼンノスカイブルー(牡 美浦・土田稔厩舎)
父:エリシオ
母:ウインベローナ(アジュディケーティング)


東京6R 芝1400(良) 1:24.1

フォルタレーザ(牡 美浦・国枝栄厩舎)
父:サイフォン
母:Miss Demure(シャイグルーム)


京都5R 芝1200(重) 1:11.3

ロングフラワー(牝 栗東・大根田裕之厩舎)
父:チーフベアハート
母:ロングマサユメ(アレミロード)


福島6R 芝1800(良) 1:55.5

コスモスペシャリー(牡 美浦・稲葉隆一厩舎)
父:スペシャルウィーク
母:エンゼルカロ(スターオブコジーン)


〜オープン特別〜
京都9R 萩ステークス  芝1800(重) 1:49.1

フサイチリシャール(牡 美浦・松田国英厩舎)
父:クロフネ
母:フサイチエアデール(サンデーサイレンス)


☆10月30日(日)

東京3R 芝1600(良) 1:37.2

カイシュウタキオン(牡 美浦・田中清隆厩舎)
父:アグネスタキオン
母:ペトラ(ヘクタープロテクター)


京都3R ダ1400(重) 1:27.5

テンザンオトヒメ(牝 栗東・藤原英昭厩舎)
父:フジキセキ
母:パパラッシオ(ヌレイエフ)


京都5R 芝1600(良) 1:36.2

アマノトレンディー(牡 栗東・湯窪幸雄厩舎)
父:クロコルージュ
母:ホリノセレタ(ノーザンテースト)


〜500万特別〜

東京7R くるみ賞 芝1400(良) 1:23.0

スーパーホーネット(牡 栗東・矢作芳人厩舎)
父:ロドリゴデトリアーノ
母:ユウサンポリッシュ(エルセニョール)


福島10R きんもくせい特別 芝1700(良) 1:42.5

リメインオブザサン(牡 栗東・池江泰寿厩舎)
父:サンプレイス
母:ヴェイルデラルナ(サンダーガルチ)


エンゼルカロって、
つい最近まで走ってたと思ってたけど、
もう子供が走ってたのか…(汗)


〜天皇賞(秋)〜
スポーツ紙に載っていた観客のインタビューを見ると、
紀宮さんの結婚が近いと言う事で、
「ヘブンリーロマンス→天のロマンス」だそうです。
なるほど。

そしてもう一つ。
ヘブンリーロマンスの松永幹夫騎手は、
師匠の山本調教師が来年で定年を迎えるのに伴い、
後を継ぐために調教師試験を受ける事を先日発表した。
つまり、来年で騎手引退の予定だ。

はてなダイアリー - 松永幹夫とは

そんな幹夫が、師匠の管理馬で勝つなんて…出来過ぎているw
女性客を競馬場に呼び込んだ、元アイドル騎手に対する、
JRAの感謝の気持ちだろうか?w

しかしこうなると、5年前の的場のように、
引退を決めてから穴を開けるのを期待してしまう。

マイルCSのアグネスデジタル(13番人気)とか、
阪神牝馬Sのタイキダイヤ(12番人気)とか、
穴を開けた回数は少なかったけど、そのインパクトは強烈だった。

同時に、山本厩舎の馬も要注意だ。
posted by 仮初め at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 万馬券優先主義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

サイン馬券@天皇賞〜逃した魚は大きいぞ、っと。

記事「天覧競馬」で、
天覧競馬という事で、何かサインがありそうな予感
と書きましたが、本当に来ちまいましたw

言うまでも無く、今週の皇室関連の話題と言えば、
女性天皇に関する議論。
確かに、牝馬が来るかもと思ってましたが、
来たとしても、ダンスインザムードだと思っていたら、
何故に、ヘブンリーロマンス

ちょっと考えてみた。

ヘブンリーロマンス…

ヘブンリー………ロマンス

ヘブン………



!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


とまあ、
サインでも考えないと、とても狙えない馬ですが、
それでも、馬連12340円で収まっている所を見ると、
ゼンノロブロイが堅軸と見て、
そこから引っ掛けた人が意外と多いという事。
馬券上手でございますね〜。

ちなみに私は、起きたら5時過ぎだったのでw、
レースは全く見てませんが、
今更ながらリンカーンについて。

正直、GIでこの馬を軸にする人の神経が分かりませんw

菊花賞と有馬記念で2着がありますが、
どちらも、勝負が決した後に、
漁夫の利的に飛び込んできたモノだし、
阪神大賞典&前走の京都大賞典の勝利も、
明らかに相手に恵まれたモノ。

京都大賞典の際、
実況アナが、「リンカーン復活」とか言ってましたが、
むしろ、今は衰えつつある状態でしょう?

まあ、そんな作為的とも思える、いい加減なイメージに囚われ、
危険な人気馬に手を出す人がいるおかげで、
穴党はしぶとく生きていかれるワケですがw

そして逆に、本命党がソッポを向いて人気を落とした時、
穴党としては、飛びつかずには居られません。

そして穴を開けた時に、穴党は言うのです。

だって、菊花賞と有馬記念で2着しているし、
阪神大賞典&京都大賞典を勝っているんですよ!


…ってw


♪逃した魚は大きいぞ〜
♪またこの次なんてあるわけないじゃん

モーニング娘。「直感2〜逃した魚は大きいぞ!〜」より)


P.S.
スワンSで、富士S9着のコスモサンビームが勝利してましたが、
それを見るに、例年とは違い、
今年は「富士S>スワンS」ですね。
posted by 仮初め at 00:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 万馬券優先主義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

天覧競馬

天皇賞が11Rから10Rになっているが、
天皇が東京競馬場に見にくる影響か。

先週のリベンジを兼ねて、
今週も競馬場に行きたいのは山々だが、体力&金銭的に自粛。
天覧競馬という事で、何かサインがありそうな予感。
菊の御紋から、黄色か?w

ちなみに、次回は福島記念に参戦の予定。
その日には、エリザベス女王杯とかいうレースがあるらしいが、
毎年堅いので、あまり興味は無い。
posted by 仮初め at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 万馬券優先主義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

今週の2歳戦(除・未勝利戦)2005#19

☆10月22日(土)

東京3R ダ1300(良) 1:20.4

カナハラグロリア(牝 美浦・山田要一厩舎)
父:アジュディケーティング
母:カナハラカレン(ミナガワビクトリー)


東京4R 芝1400(良) 1:25.0

スイートピルエット(牝 美浦・坂本勝美厩舎)
父:ステイゴールド
母:スイートミルド(ダンスホール)


京都5R 芝1400(良) 1:22.5

ウインレジェンド(牡 栗東・瀬戸口勉厩舎)
父:サンデーサイレンス
母:シンコウノビー(ナシュワン)


福島5R 芝1200(良) 1:11.1

パセティックゴール(牝 美浦・栗田博憲厩舎)
父:ステイゴールド
母:ワンモアワード(サンジョヴィート)


〜オープン特別〜
東京9R いちょうステークス  芝1600(良) 1:35.9

ジャリスコライト(牡 美浦・藤沢和雄厩舎)
父:ファンタスティックライト
母:チャンシースクウォー(チーフズクラウン)


☆10月23日(日)

東京5R 芝1800(良) 1:50.0

ハネダテンシ(牝 美浦・秋山雅一厩舎)
父:フジキセキ
母:ブルーサヴァンナ(シンボリルドルフ)


京都3R ダ1200(稍重) 1:13.7

スズノケーティング(牡 栗東・五十嵐忠男厩舎)
父:アジュディケーティング
母:スズノナルビー(トウショウボーイ)


京都4R 芝2000(良) 2:08.8

ダークメッセージ(牡 栗東・佐々木晶三厩舎)
父:ダンスインザダーク
母:エヴリウィスパー(ノーザンテースト)


〜500万特別〜

京都8R かえで賞 芝1400(良) 1:22.6

テイエムプリキュア(牝 栗東・五十嵐忠男厩舎)
父:パラダイスクリーク
母:フェリアード(ステートリードン)

****************

今回の注目は、出世レース「いちょうステークス」を勝った、
ジャリスコライト
センス・瞬発力ともに、奥は充分。
藤沢厩舎だし、良い所まで行きそうだ。


万馬券決着になった、土曜日・東京4R(牝馬限定)
勝ったのは、ステイゴールド産駒・スイートピルエット
先週も同産駒のメタルビーズ(5人気)が勝ち上がったが、
今回も4人気で、父同様人気以上に走る印象で、地味に良いかもw

しかも、スイートピルエットの母父はダンスホールで、
これまた穴っぽいw

ダービーニュースに載っている、坂本師のコメントには、
気性は前向きで初戦から」と書いてある。

新馬戦では、仕上がりが大事なのは言うまでも無いが、
意外と来るのが「素直な馬」とか「気性が初戦向き」という馬。

特に、牝馬が激走する事が多く、
今回のような牝馬限定戦では、有効な馬券術の1つだ。

そして何より、2着に来たサンデーフラッパー。
サクラバクシンオー産駒で、初戦・芝1400と来たら、
軸にしなくても、ヒモには押さえておきたい。
大外枠というのも良かったか。
逃げ残りという、いかにもな結果になったw

更に、佐久間助手のコメントには、

稽古の動きがもの足りず、走りに体がついてこない。
全体的に弱く急仕上げ気味。

と書いてあるが、
気のいい牝馬」とも書かれている。

このレース、気性が良いと書かれていたのは4頭。
そのBOXでも良かったのである。
それだけで、3万馬券(σ・∀・)σゲッツ!


いつもの事ながら、レース後だから何とでも言えるw
posted by 仮初め at 21:49| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 万馬券優先主義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

菊花賞回顧

府中でも、ディープインパクトが先頭に立った時は、
場外とは思えないくらいの拍手が起きてました。

強かった。

ノーリーズンの事もあるから、
「もし不測の事態が起きたら」とか考えてドキドキしてましたが、
4角での手応えを見て「行った」と確信しました。

レース後の感想は「強い」の一言。
文句無しです。
3000メートルを走って、上がり33.3秒なんて、バケモノです。

最後の直線、フルスピードで走る時、
あのような、推進力があり跳ねるような走り方をする馬は初めて見ました。

ただ、バケモノとは言っても、やはりサラブレッド。
今回、脚元に掛かった負担は少なくないはず。

年内にレースを使うなら、
ジャパンカップか有馬記念かどちらか一つにして欲しい。
むしろ、年内はこれで終わりの方が良い。

「ディープインパクト自身が、起点の種牡馬となれる可能性もある」
なんて声も出ている馬ですから、大事に行って下さい。

ライスシャワー・サイレンススズカetc...
あの時のような寂しい気持ちは、もう味わいたくないです。


さて、ディープインパクト以外の話題を。

〜シックスセンス〜
ディープが居なければ3冠とか言われてましたが、
勝負が決した頃に2着に飛び込んでくるそのレースが出来たのは、
むしろディープが居たからだと思います。
いつもは2着狙いのノリが、勝負を掛けたのとは対照的。

…って言うか、あれ(アドマイヤジャパン)は、
いつもの年なら、完全な勝ちパターンなんだが(汗)


〜ローゼンクロイツ〜
決勝線のスロー再生を見て初めて、
3着がローゼンクロイツと分かった時は驚いた。

良くあそこまで頑張った。
直線ではヨレながらも、
良くシックスセンスを凌ぎました。

ちょっと感動…もうやだ〜(悲しい顔)

これで、目標は京阪杯なんて言えなくなったw
って言うか、疲労度はかなりのモノだと思うので、
脚元のコトを考えて、年内は休養して欲しい。

次走は、産経大阪杯で良いよw

菊3着という箔が付いたので、
これからは、常にソコソコの人気になるのが残念。


〜久々の競馬場〜
今年初めて東京競馬場に行ったワケだが、
新スタンドが着々と出来つつあって、
前回来た時とは、随分変わっていた。

競馬を始めた頃から定位置にしていた旧メインスタンドが、
綺麗にごっそりと無くなっていたのは少し寂しかった。

正門に「ディープインパクトストラップ配付終了」の張り紙が。
「まさか」と思い、レーシングプログラムを見ると、
どうやら先着3万人にプレゼントされたらしい。

残念だったが、
夜の「うるぐす」で見たら、安っぽかったので別にイラネw

ちなみに来週の天皇賞の日は、
先着5万人に、記念オッズカードをプレゼントするらしい。
まあ、早起きするほどでも無いな。


〜3冠馬オーナー〜
黄色と黒の勝負服でおなじみの金子真人氏は、
ディープインパクトだけで無く、
キングカメハメハ・クロフネ・カネヒキリなど、
ファンを呼べる馬が多い。

競馬界に対する貢献度は、計り知れません。

関口房朗氏、ガンバレ!w
posted by 仮初め at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 万馬券優先主義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。