2009年12月07日

ハロプロ楽曲大賞2009

はじめに

色んな人のランキングを見てると、今年もキッズが豊作だったのが分かる。
特に、Buono!の評価が相変わらず高く、非キッズ派としては、流れに乗り遅れてる気がして来る。

もはや、娘やOG、その派生ユニットを押さえておけば、
ハローを殆どカバー出来るっていう時代じゃないんだなぁ…。
まあ、今時ハローを万遍無く聴いている人は少数派だろうけど。

って事で、キッズのへ流れに乗れてない自分には、5位までにキッズ系の楽曲は無し。


今年の娘。のシングルは全て気に入らなかった。
成人メンバーが多くなったせいか、とにかく歌詞が「欲しがり女」みたいだ。
握手会参戦したりして散々聴いて耳慣れした「なんちゃって恋愛」も、よく聴くと…。

誰をターゲットにしてシングル曲を選んでいるのかよく分からない。

今夏、読売新聞のCMで観たAKBの曲(『涙サプライズ』)が気になり、
ちょっとPVも含めて聴いてみたが、遊び心も散りばめられていて、なかなか良い曲だった。

こういう遊び心は、昔の娘。にこそあったやつじゃないのか…?


【楽曲部門】


1位 モーニング娘。「SONGS」(アルバム『プラチナ 9 DISC』より) 3.0pt


プラチナ 9 DISC

プラチナ 9 DISC

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ZETIMA
  • 発売日: 2009/03/18
  • メディア: CD





「モーニング娘。はチアガールだ」

普段からそう思っている自分にとっては、娘。と言えばこういうチアソング。

最初はどうかと思ってたけど、改めて聴いてみてカッコ良さと力強さを再認識。

こういう曲をA面にしようとは思わんか〜。

2位 モーニング娘。「雨の降らない星では愛せないだろう?」(アルバム『プラチナ 9 DISC』より) 2.5pt


プラチナ 9 DISC

プラチナ 9 DISC

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ZETIMA
  • 発売日: 2009/03/18
  • メディア: CD




「でっかい地球に愛がある」的なスケールの大きな楽曲。
番組のエンディングテーマにでも使えそうな感じ。
大自然の映像なんかにピッタリだと思うけどなぁ…。

フジの27時間テレビで、宣伝目的で「なんちゃって恋愛」を歌ってたけど、
こっちを選択した方が遥かにマシ。

無難に行けば、これを1位にしても良かったけど、それだとベタ過ぎるからw


3位 安倍なつみ「あなたに会えたなら」(『安倍なつみ 〜Best Selection〜 15色の似顔絵たち』より) 2.0pt


安倍なつみ 〜Best Selection〜 15色の似顔絵たち

安倍なつみ 〜Best Selection〜 15色の似顔絵たち

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: hachama
  • 発売日: 2008/12/10
  • メディア: CD





なっちのレギュラーラジオ「あなたに会えたら」(bayfm)のタイトルの元になった曲。
番組のエンディングでも、毎週instrumentalが流れてます。

ノスタルジックでセンチメンタルでメルヘンで、この季節に夕方の空を見つめながら聴きたい曲です。

ハロプロでこういう楽曲を歌うのは彼女だけなんだよなぁ。


4位 モーニング娘。「弱虫」(『泣いちゃうかも』c/w) 1.5pt


泣いちゃうかも

泣いちゃうかも

  • アーティスト: モーニング娘。,つんく,大久保薫,高橋諭一
  • 出版社/メーカー: ZETIMA
  • 発売日: 2009/02/18
  • メディア: CD





モーニング娘。様もすっかりモテモテで、
街じゃ良い女とか持てはやされたり、それなりの男に告白されたりw、
歌詞に出てくる男もイケてるメンズばかりだし、感情移入なんか出来ねぇ。

そう諦め掛けていた所に現れた楽曲。

タイトル通り、弱虫な女の子の気持ちを歌った曲だけど、
これをがきさんに歌わせた所が個人的にヒット。
イメージ的に「新しい彼女さんの邪魔になりそうね」って考え込みそうだもんw

「夜一人になれば 誰かに慰めてほしい」と健気に歌うがきさんに、
妙に惹かれてしまう楽曲なのでありました。


★5位 安倍なつみ「鳴り止まない タンバリン」(『安倍なつみ 〜Best Selection〜 15色の似顔絵たち』より) 1.0pt


安倍なつみ 〜Best Selection〜 15色の似顔絵たち

安倍なつみ 〜Best Selection〜 15色の似顔絵たち

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: hachama
  • 発売日: 2008/12/10
  • メディア: CD




大きな声では言えないけど、もう5年前にもなる盗作騒動のせいで発売中止になった幻のシングルです。

曲のテーマはイケイケ女の企みなんだけど、なっちが歌うと全然そう感じないのは何故だろう?w

イメージと合わない歌詞に加え、クセのある歌い方をさせられてるなっちの奮闘ぶりが見て取れます。
なかなか面白い試みだと思います。

気軽に聴けるしノリも良いので、結構数多く聴いてしまいました。


次点1 SWEET BLACK feat.MAKI GOTO「with...」(『SWEET BLACK』より)


SWEET BLACK

SWEET BLACK

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: エイベックス・エンタテインメント
  • 発売日: 2009/09/16
  • メディア: CD





1月〜9月に放送された J-WAVE「SWEET BLACK GIRLS」を聴いていたので、
アルバム内の曲は何度も聴いてました。

ラッパーとのコラボやR&B系の曲ばかりのアルバムの中、唯一のバラード。

ごっちん…いや、真希の穏やかな歌い方が久々に感じられる所が良いです。

ちなみに、彼女の曲で一番好きなのは「シンガポールトランジット」なんだけど。


次点2 HANGRY & ANGRY「Top Secret」(『Sadistic Dance』より)


Sadistic Dance

Sadistic Dance

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Gan-Shin
  • 発売日: 2009/11/02
  • メディア: CD





このユニットのキャラクターのノリに、いまいちノリきれてませんw
まだアルバムも買ってないからよく分からないし。

CMでPVが流れてるこの曲も「禁断の恋」がテーマみたいで、「う〜ん…」って感じ。

ただ、石川&吉澤で組ませておきながら、無難にアイドル路線に行かず、
敢えてビジュアル系デジロックに行くという試みは評価したいと思いますけどね。

来月のライブに行くので、そこで自分のスタンスを確かめたいと思います。


【PV部門】

ほとんど観てないので評価スルー。


【推しメン部門】

吉澤ひとみ

よっすぃ〜@しゃべくり007.jpg

かれこれ5年近くになるか。
ダントツの1位って感じじゃないけど「やっぱりよっすぃ〜だな」って感じ。

今年も更に新しい事に挑戦しているけど、
相変わらず可愛くて、綺麗で、誠実で、内面の優しさを感じる穏やかな声、と文句無し!
多少乱暴な面には、目を瞑りますw
posted by 仮初め at 01:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハロプロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。