2005年11月29日

とりあえず更新w

風邪ひいたかも…(汗)
倦怠感と、軽い吐き気が…。
posted by 仮初め at 20:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月28日

ギタドラ新作稼動

ギタドラシリーズ最新作、
GuitarFreaksV2 & DrumManiaV2が、11月24日に稼動開始。

追加新曲には、

ORANGE RANGE「上海ハニー
松田聖子「夏の扉
ASIAN KUNG-FU GENERATION「リライト

とか入っているけど、
やはり、ハロプロ系の新曲を探してしまう。
「原色GAL」は?「ここにいるぜぇ!」は?

どうやら、それらしき曲は見つからない…、
と思っていると、

春の歌

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!

でも、モーニング娘。6thアルバム「愛の第6感」に、
収録されているこの曲は、バラードだったはず。

明らかに、ギタドラ向きじゃない。
そうは思いつつ、「春の歌」にカーソルを合わせると、

♪春のう〜た〜

スピッツかよ…_| ̄|○


ちなみに、
ブギートレイン’03」(藤本美貴)は、今回も収録されていて、
4作連続の登場となり、一応ハロプロ曲は残った格好です。
そろそろ、新作お願いしますよ…。

P.S.
「愛のために。」のタイトルを見て、

民生キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!

と思ったのですが、上戸彩でした_| ̄|○
posted by 仮初め at 02:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 体感ゲームマニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

事後報告w

なっちのイベントに行ってきました。

あややの時とは違って、握手はステージ上でやってました。
いつものように、列を流す係員もバッチリスタンバっていて、
イベント前の期待は、見事にスカされた格好ですねw

高尾山登山を自分撮りした映像を流すコーナーは、
スクリーンに映った映像よりも、
舞台袖で一緒に見ているなっちの方ばかり見てました。
VTRでのヘンな言動に対して、客席に謝ったり言い訳したり、
しゃがみ込んで恥ずかしがったりとかw

彼女は、自分の感じた事を自分の中で消化して、
一人でも充分楽しむ事が出来る人なワケで、
そんな彼女らしさが思い切り出ていたビデオでした。
DVD化希望。
誰も居ない方を向いて、同意を求めていたのはワロタ。

ミニライブコーナーでは、
5年前にレコーディングして以来歌ってない、
「真夏の誕生日」を歌ったけど、
歌の前に「二十歳の時の歌」って言ったせいか、
曲名を「二十歳の誕生日」って間違えてた(汗)

そんな感じで、
本人も言ってましたが、イベントは「ゆるかった」ですw


握手会の話
posted by 仮初め at 23:59| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ハロプロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

第4回ハロプロ楽曲大賞2005<PV部門>

今回、PVをまとめて見て思ったけど、
ダンスショットとクローズアップを、
混ぜ合わせたような構成はどうなんでしょう?
わざわざDance-Shot Ver.とか、
Close-up Ver.とかを作っているのに、
メインの映像もダンス教材みたいな作りにしても、
全然意味無いと思うんだけど。

プリプリピンクのPVなんかは、
浴衣姿だけで良いと思うのに、
何でピンクの衣装で歌う姿を挿し込むかな〜?w

「スッピンと涙。」と「気がつけば あなた」は、
CM以外で見る事が出来なかったので、評価の対象外です。

おそらく、どちらかは3位までに入ったと思います。
ちょっと残念…。


1位:松浦亜弥「ずっと 好きでいいですか (Another Edition)」(3.0点)

まあ無難にコレでしょう。
余計なショットを入れてなくて、流れがありますからね。


2位:H.P.オールスターズ「ALL FOR ONE & ONE FOR ALL!」(2.0点)

質より量w

ダンス教材にもなるし、
メンバー全員の顔と名前がチェック出来るなんて、
何て、お得なんでしょうw

ただ、最後に全員が手を掲げるシーンは、
歌番組の時みたいに、上から撮った方が良かったと思います。


3位:モーニング娘。「色っぽい じれったい」(1.0点)

炎を操る各メンバーのショットが良かったです。
静止画にしても、充分絵になる映像でした。


次点:紫陽花アイ愛物語 (Dance Shot Version)

ただ1点。
梨華ちゃんの美脚が堪能出来る点が、非常に(・∀・)イイ!
スカート丈も絶妙の長さで、
チラチラ見え隠れする太ももに、萌えまくりですよw
posted by 仮初め at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハロプロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

そういえば、あややの握手会では…

今日になって気付いたんだけど、
昨年スタジオコーストで行われた、あややのFCイベントでは、
最後の握手は、ステージ上で行わずに出口近くでやっていて、
しかも、あと3〜4人の所に来るまでは、本人の姿が見られなかった。
Zepp Tokyoでの美勇伝のイベントも、そうだったらしい。

そのパターンだと、握手直前に余計に緊張しちゃうな…(汗)
自分の順番が近付いてきて、
声だけ聞こえる時が、一番テンパるし、
そこで会話が盛り上がってたりすると、
めちゃめちゃプレッシャーw

しかも、周りが静かなので、
お互いの声が、良く通るんだよな〜(汗)
これも、プレッシャー…。

それと、あややの時は、
自分から去らなければ、3〜4秒は握手出来たけど、
もしそれくらいの時間があったらどうしようw

高速だろうと決め込んで、二言までしか考えてないけど、
保険として、もう少し考えておこう。

そんな事に気付いてから、ちょっとドキドキしてきましたw

从‘ 。‘从<思い込み・その1「ハロプロの握手会は高速」

いつものように、
明日もイベント中はシミュレーションして、
イベを楽しむ余裕は無いなw
posted by 仮初め at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハロプロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

第4回ハロプロ楽曲大賞2005<楽曲部門>

第4回ハロプロ楽曲大賞2005 Wバージョン.jpg

なっちイベントが近いというのに、
ここ数日は、この記事の作成に時間を割いてました。
まだ、PV部門が残ってる(汗)

この記事書きが終わり、土曜のなっちイベが終わると、
私的に、今年のハロプロ活動は、ほぼ終了です。

PV部門推しメン部門



1位:W「17才よさようなら (ARRIVEDERCI)」
(7.0点)


コーラスの美しさ、ハモリの美しさ、曲の美しさ、歌詞の美しさ、
今年のハロプロ楽曲の中で、群を抜いています。
それ故の、高得点配分です。

「デュオU&U」でも魅せた、辻ちゃんのコーラスの素晴らしさが、
この曲でも、充分に発揮されてます。

これまでの楽しかった日々に別れを告げ、
これから訪れるであろう困難に向かい合おう、という歌詞は、
そのまま、W(ダブルユー)の決意表明にも受け取れます。

そして、その作品を見事に仕上げた2人には、
大いなる期待を込めて、エールを送らずにはいられません。

♪楽しい時は、もう返らない

♪山の彼方に、いかなる運命(さだめ)が私を待つやら


この部分には、ウルウルきました。
ハロプロ楽曲を聴いてウルウルするなんて初めてですよ。


この曲が収録されている「2nd W」は、バラエティに富んでいて、
ガールポップのアルバムとしての出来は、凄く良いです。
つんく♂さんの力の入れ具合が伝わって来るというものです。

それだけに、
アルバムの良さを全く伝えていないジャケ写にはガッカリですw

しかし、この「17才よさようなら (ARRIVEDERCI)」が、
このアルバムを、
ただのガールポップのアルバムを超えるモノにしているくらい、
それだけ、とんでもない曲です。

もったいないので、繰り返し聴かないようにしてますw

やはり、ミニモニ。での活動で、数々の課題を克服してきた2人は、
タダモノじゃないです。
もっと、彼女達に試練を与えてあげて下さいw


ただ、この曲をライブで披露して欲しくはないです。
「ヲタ芸まみれ」にされるような曲じゃないしね。

ディナーショーだ!ディナーショー!w
もしこの曲をやるなら、絶対行くよ。


2位:後藤真希「シンガポール トランジット」(1.0点)

アルバム「3rd ステーション」から選ぶのなら、
「ステーション」か「19歳のひとり言」なのかも知れないけど、
私的には、断然コレ。

綺麗なイントロから入り、
若干切なさを感じさせながらも、
美しく流れて行くので、
聴いていて、とても穏やかな気分になる。

私的には、
彼女のバラード声よりも、こっちの声の方が好きです。


3位:モーニング娘。「HELP!!」(1.0点)

モーニング娘。は、チアガールだ。
見ている人を、楽しく元気にさせる事の出来るパワーがある。

そんなパワーが、環境保護をテーマにした楽曲と一緒になって、
メッセージを強く打ち出している。

それでいて、押し付けがましくなく、
それが出来るのは、モーニング娘。の大きな武器(個性)だと思う。

ライブで暴れられる曲を提供する為だけに活動してるワケじゃないですw
「ラヴ&ピィ〜ス! HEROがやって来たっ。」も入れたかったのですが、
そういうワケで、こちらを選びました。

こういう楽曲こそ、
シングル化して、多くの人に聴いて貰いたかった。
そう思わずには居られません。

うちわを持って、自治体のイベントに出演なんかしなくても、
これをテーマソングにするだけで、充分なんじゃないの?w


4位:W「五月雨恋歌」(0.5点)

「2nd W」から、もう1曲。
ホント、このアルバムは良いです。

この曲は歌謡曲ですが、
ヘンな「こぶし」を使ったりして茶化す事など全く無く、
ちゃんと歌い上げてます。
しかも、出来が抜群に良いです。
この2人は、器用だな〜。

ここでも、
メイン:加護ちゃん
コーラス:辻ちゃん
なワケですが、
お互いがきっちり仕事をしていて、
綺麗に仕上がっています。

W(ダブルユー)の懐の深さを、存分に感じさせる曲です。


5位:松浦亜弥「ずっと 好きでいいですか」(0.5点)

表現はもちろんのこと、難しい音程もこなして、
さすが、あややって感じです。

あまり聴いてないので、深い感想は書けませんが、
やっぱり彼女の楽曲は、1曲は入れておかないとw


P.S.
美勇伝の楽曲も「曖昧ミーMIND」とか、
1曲くらいは選びたかったのですが、
上記5曲が良かったので、ランク外になってしまいました。

昨年の「銀杏〜秋の空と私の心」を超える曲が無かったのが残念です。
posted by 仮初め at 01:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハロプロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

「FUNふぃーるど」覚え書き 第12シリーズ(安倍なつみ)後編

第1シリーズ:新垣里沙・亀井絵里(前編後編)
第2シリーズ:小川麻琴・田中れいな(前編後編)
第3シリーズ:紺野あさ美・道重さゆみ(前編後編)
第4シリーズ:高橋愛・田中れいな(前編後編)
第5シリーズ:亀井絵里・道重さゆみ
第6シリーズ:吉澤ひとみ・藤本美貴(前編後編)
第7シリーズ:稲葉貴子・柴田あゆみ
第8シリーズ:後藤真希(前編後編)
第9シリーズ:新垣里沙・道重さゆみ(前編後編)
第10シリーズ:三好絵梨香・岡田唯(前編後編)
第11シリーズ:矢口真里・Berryz工房
第12シリーズ:安倍なつみ(前編)

今回は、第12シリーズ(#107〜#116)の後編、#112〜#116まで。
出演は、安倍なつみ・村田めぐみ(メロン記念日)

ゲストが安倍なつみだけなので、
前回同様に、
覚え書きも、彼女に関する事だけをピックアップ。

今回も、なっちは、思い付いた事を纏めずに口に出しているので、
文章に纏めるとなると大変で、日によってはエライ苦労しますw

それなので、
彼女が話した通りにテキスト化するのでは無く、
ある程度、発言の順番を入れ替えてます。

ふぅ…w

続きを読む
posted by 仮初め at 19:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | FUNふぃーるど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

ストラテジックチョイス作戦〜人気薄の外国馬を狙え

マイルCSのデュランダルの敗因と、
ハットトリックの好走については、
柏木のコメントで充分。

単勝1倍台は、買いかぶり過ぎだった。

そんな事よりも、
マイルCS後の東京最終レースで、
マルカシェンクの2歳上の兄・スターエフェクトが、
最低人気で激走。
チェックはしていたんだが、まあ買えねぇなw

ちなみに、
スターエフェクト騎乗の津村騎手の事を知らなかったので、
ちょっと調べてみた。

昨年デビューの19歳。
2004年、民放競馬記者クラブ賞受賞。
今年34勝と、関東の同期ではダントツの成績。

…φ(._.)メモメモ

しばらく競馬をやらないと、若手騎手の情報にどんどん疎くなる。


〜ジャパンカップ〜
ジャパンカップの外国馬の取捨は難しいが、
大概、人気通りには来ないものだ。

むしろ、外国馬の中でも人気の無いヤツが、
馬券圏内に飛び込んで来る。

シングスピールが買った1996年のレースで、
3着に来た10番人気のストラテジックチョイスは、
その年の凱旋門賞馬エリシオ(1番人気)と同着だった。

その時以来、外国馬は人気薄こそ狙うべきだと思い、
ストラテジックチョイス作戦」と勝手に名付けて、
ヒモ穴を狙うようにしている。

実際2年後に、12番人気のインディジェナスが2着に飛び込んで、
1番人気のスペシャルウィークとの組み合わせでも2万馬券だった。
まあ、馬券は買って無かったけどw

2000年の中山グランドジャンプでも、
11番人気のボカボカが突っ込んできたし、
海外での実績はアテにならないという良い例です。

今年も、そんな馬居ねぇかな〜w

P.S.
「ジャパンカップはおまかせ」の合田直弘さんによると、
ジャパンカップダートに出る外国馬の中で、
一番強いのは、ラヴァマンだそうです。
posted by 仮初め at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 万馬券優先主義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

なっちに掛ける言葉

5月のなっちイベント@パシフィックヘブンのレポは、未だに書いてない。

それは、自分的に回顧したくない部分があるからなんですが、
まあ、最後の握手で失敗しまして…w

いつものようにネタで行ったのだけど、笑顔でかわされた感じだったw
イベント自体は、彼女らしさ全開でとても良かったけど、
イベントの印象なんてものは、
最後の握手次第で変わってしまうという事を思い知らされますた。

ラジオ等での彼女の発言を聞くと、

・デビューからファンです
・なっちのライブを見て、ライブの楽しさを知りました、

のような、
「普通の」暖かい言葉を掛けるだけで充分で、
奇を衒ったような言葉なんて無用だと気付きました。

後悔しても仕方ないけど、あのイメージを払拭したい。
でも、イベントなんてしばらく無いだろうと思っていたら、
今回のファンの集いが発表になったのです。

正直、今回のイベントは、5月のリベンジの気持ち。
奇を衒った言葉は無しで、普通に行こうかなと。
掛ける言葉は、いくつか考えてるけど、
最悪「頑張って下さい」でも良いかなと思ってるw

良く考えれば、去年からイベントが多くて、
悪い意味で慣れてきてしまったと思うので、
メンバーに会えるありがたさを、
改めて感じないといけないと思ったのです。

今年のイベント増加傾向からすると、
来年もイベントは多そうだけど、
まあ、どうなるか分からないので、
その1回1回を大事に。

P.S.
もし1月にパシフィックヘブンイベントがあるなら、
例のごとく、月末の来週あたりに発表されるでしょう。

このところ、給料日とパシイベの発表が月末の楽しみだったりするw
posted by 仮初め at 21:45| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ハロプロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

移転延期

ハロプロ以外の記事の移転先を制作中なのだが、
すぐに終わらせるはずが、てこずってしまって、
今週末に移転の予定でしたが、先送りです。

そんな中、
ヤングタウンの高橋愛ちゃんや、
ハロモニ。の加護亜依ちゃんに癒された週末なのでした。

さて、今週末はなっちイベだ。
posted by 仮初め at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

なっちのファンの集いのチケが来た

1回目で、集合時間は11時15分。
起きられるかな?w

美勇伝のイベントの時は、3回目の最後という事で、
私が握手した頃には、岡田さん以外あまり元気が無かった。
梨華ちゃんは、表情が硬かったし。

そういう意味で、
1回目が来て欲しいな〜と思っていたので、ラッキーだったりする。
早起きは辛いが…。
posted by 仮初め at 17:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

「1推し」が居ないw

第4回ハロプロ楽曲大賞2005(小春Ver.).jpg

ハロプロ楽曲大賞には、<推しメン部門>がある。

ハロー!プロジェクト所属メンバー、
もしくはそれに準ずる者の中から、
あなたの推している娘を、1人選んで投票してください。
いわゆるMVP(今年特に活躍した人)ではなく、
オールタイム推しメンです。


これが困ったw
今年になって、ミキティ熱が下がる一方で、
それに伴って、推しが「広く浅く」なっていったので、
誰か1人を挙げろと言われても、出て来ない。

ごっちんも
梨華ちゃんも
よっすぃ〜も
W(ダブルユー)も
高橋愛ちゃんも
亀井絵里ちゃんも

別に「オールタイム」ってワケじゃない。

まあ、1推しを作ってそれに拘っていた昔に比べれば、
今の方がマシだと、個人的には思うけど。

さて、どうするか…w
posted by 仮初め at 03:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハロプロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

「FUNふぃーるど」覚え書き 第12シリーズ(安倍なつみ)前編

第1シリーズ:新垣里沙・亀井絵里(前編後編)
第2シリーズ:小川麻琴・田中れいな(前編後編)
第3シリーズ:紺野あさ美・道重さゆみ(前編後編)
第4シリーズ:高橋愛・田中れいな(前編後編)
第5シリーズ:亀井絵里・道重さゆみ
第6シリーズ:吉澤ひとみ・藤本美貴(前編後編)
第7シリーズ:稲葉貴子・柴田あゆみ
第8シリーズ:後藤真希(前編後編)
第9シリーズ:新垣里沙・道重さゆみ(前編後編)
第10シリーズ:三好絵梨香・岡田唯(前編後編)
第11シリーズ:矢口真里・Berryz工房
第12シリーズ:安倍なつみ

第11シリーズは華麗にスルーして、
今回は、第12シリーズ(#107〜#116)の前編、#107〜#111まで。
出演は、安倍なつみ・村田めぐみ(メロン記念日)

ちなみに、今回はゲストが安倍なつみだけなので、
覚え書きも、彼女に関する事だけをピックアップ。

FCイベントも近いからねw

ただ彼女は、放送でも言ってますが
思い付いた事を纏めずに口に出すので、
文章に纏めるとなると、大変です。

雑誌のインタビュアーとか、苦労してそうw

続きを読む
posted by 仮初め at 01:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | FUNふぃーるど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

なっちモード突入

あっ、そうそう。
予想よりも早く、天国イベの結果が返って来ました。
「もしや、また来た?」と思ったのですが、
公正な抽選の結果、落選しましたorz
これでとうとう、「天国イベ不敗記録」途切れるw

まあ、今回は仕方ないか。

って言うか、
落選の場合は、宛名(自分の名前)に敬称が付かないんだな。
当選の場合は、「」のハンコが押されているので。

表面を見ただけで、当落が分かってしまうのは、
青封筒に席番が書いてあるくらいつまらないモノだな。

あまりにも素っ気無い返信ハガキのデザインは、
ある意味新鮮ですよw

落選通知.jpg


って事で、今年の最後の現場は、
26日(土)の安倍なつみファンの集いとなりました。

そういうワケで、今日からなっちモード突入です。

まずは、「アロハロ!安倍なつみDVD」の中から、
私のお気に入りショット。

「アロハロ安倍なつみDVD」より.jpg

P.S.
さて、「FUNフィールド」でも聞くか。
posted by 仮初め at 00:24| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハロプロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

ガッタス@娘。DOKYU

10月の女子フットサル駒沢大会に行ってないので、
昨日の「娘。DOKYU」で初めて見たけど、

ミキティ、パス出してるよ!w

これまでは、
ボールを持ったらゴールに突進するだけだったのに、
よっすぃ〜に、優しいラストパスを出しているじゃん。

大人になったな〜w

ちなみに、私は梨華ちゃんのプレースキックの蹴り方が好き。

こんな感じ。

梨華ちゃん@プレースキック.jpg

さゆとのレズ写真なんかより断然美しい。

でも、これは良いな。

エンジェル石川.jpg

腰のホクロ…(;´Д`)揺れるハート

しかし、チケット発売前にこんな番組を見せられると釣られそうだ。
っていうか、「スピリット・オブ・ガッタス」って、
これから発売されるんだな。(11月22日)
宣伝番組じゃんw

ちなみに、次回はスフィアリーグとかいう大会だけど、
12月15日なんてクソ忙しい時期に休めるワケが無いので断念。
posted by 仮初め at 23:23| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハロプロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今週の2歳戦(除・未勝利戦)2005#22

☆11月12日(土)

東京3R ダ1600(良) 1:41.2

モンサラーシュ(牡 美浦・清水利章厩舎)
父:チーフベアハート
母:アンテリージェ(カコイーシーズ)


東京4R 芝1800(良) 1:51.6

ルビーレジェンド(牝 美浦・萩原清厩舎)
父:アグネスタキオン
母:ルビア(ルビアノ)


京都4R ダ1200(不良) 1:13.4

ヤマニンエマイユ(牝 栗東・浅見秀一厩舎)
父:ホワイトマズル
母:ヤマニンザナドゥ(トニービン)


京都6R 芝1800(稍重) 1:48.1

フサイチパンドラ(牝 栗東・白井寿昭厩舎)
父:サンデーサイレンス
母:ロッタレース(ヌレイエフ)


〜500万以下〜
東京6R ダ1300(良) 1:19.3

タガノエクリプス(牡 栗東・川村禎彦厩舎)
父:フジキセキ
母:サマープロテクター(ヘクタープロテクター)


京都5R 芝1200(稍重) 1:10.1

フィールドカイザー(牡 栗東・山内研二厩舎)
父:クロコルージュ
母:シンモーション(ロドリゴデトリアーノ)


〜オープン〜
東京11R 第41回 京王杯2歳ステークス(GII) 芝1400(良) 1:23.3

デンシャミチ(牡 栗東・田中章博厩舎)
父:サクラバクシンオー
母:バーンダンス(マルゼンスキー)


☆11月13日(日)

東京5R 芝1600(良) 1:36.0

マッチレスバロー(牡 美浦・萩原清厩舎)
父:フレンチデピュティ
母:マッチザピース(ジェイドロバリー)


東京6R ダ1300(良) 1:20.8

ロードクライマー(牡 美浦・菊川正達厩舎)
父:スキャン
母:ニアネスオブユー(ハギノカムイオー)


京都4R ダ1400(稍重) 1:25.6

セイウンワキタツ(牡 栗東・田所秀孝厩舎)
父:フォレストキャンプ
母:Loveswept(クレヴァートリック)


京都5R 芝1400(良) 1:22.4

プレザントウインド(牡 栗東・古川平厩舎)
父:クロフネ
母:レディウィンダーメア(プレザントコロニー)


福島2R 芝1200(良) 1:12.0

フサイチプルミエ(牡 美浦・池上昌弘厩舎)
父:フサイチソニック
母:パーソナルファイル(プライベートアカウント)


〜500万以下〜
東京9R 赤松賞  芝1600(良) 1:35.3

アイスドール(牝 栗東・池江泰寿厩舎)
父:キャプテンスティーヴ
母:ビスクドール(サンデーサイレンス)


京都9R 黄菊賞 芝1800(良) 1:49.9

グロリアスウィーク(牡 栗東・音無秀孝厩舎)
父:スペシャルウィーク
母:グロリオーサ(フレンチグローリー)
posted by 仮初め at 08:57| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 万馬券優先主義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

第41回 福島記念(GIII)

展開予想は違ってたけど、トウカイトリックが来たので予想は勝利。
しかも、堅かったので行かなくて正解w

レースの方は、
ハイペースから外差しが決まる、
という大方の予想に反して、スローペース。
4角1&2番手の2頭がそのまま1&2着。
それなのに、上がりが35秒8掛かっているのがこのレースらしい。

トウカイトリックは、ただ1頭最内を通らせた芹沢のファインプレー。
ダービーニュースに書いてあった通り、手応え以上に渋太かった。

しかし藤沢厩舎の馬は福島弱いね〜w
posted by 仮初め at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 万馬券優先主義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

第4回ハロプロ楽曲大賞2005

第4回ハロプロ楽曲大賞2005.jpg

今年もやって参りました。
って言うか、
昨年の投票コメント、まだ書いてないw

ハロプロ楽曲大賞選考理由(場所取り)

この記事も、1年以上放置してるしw


ちなみに、昨年の私の楽曲部門の順位付けは、

1位:可能性の道(松浦亜弥)

2位:長良川の晴れ(中澤裕子)

3位:秘密(後藤真希)

4位:ファインエモーション!(モーニング娘。)

5位:浪漫 〜MY DEAR BOY〜(モーニング娘。)



今年に関しては、
もう既に1位が決まっているので、
後は4曲を選ぶだけ。
posted by 仮初め at 18:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハロプロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

福島記念を予想してみた

中2週で競馬新聞を買うなんて、何年ぶりだろう。
で、楽しみにしていた福島記念の予想をしてみた。


正直、万馬券派が肩透かしを食らうような結果になりそう…。

菊花賞の日に福島民友カップで万馬券を狙ったら、
ソコソコ印のある馬同士(6&3人気)が来て、馬連5010円という、
何とも煮え切らない結果になったが、
福島記念にも何となく似たような匂いが…。

今日のメイン、新・白河市制施行記念(馬連13440円)が、
差し・追い込み決着になったのを見ると、
やっぱり福島記念も、差し・追い込み馬に注目してまうのだけど、
人気のグラスボンバーエルノヴァワンモアチャッターともに、
切れる差し馬なワケで、どれかは来るだろうと思われる。

そうは言いながら、無理矢理にでも穴を探してみると、
トウカイトリックマイネヌーヴェル

まず、トウカイトリック

やっぱり、この時期の3歳馬は、
夏を越えて成長している時期なのだが、
斤量面で古馬よりもアドバンテージがあるため、
実績では劣っても妙味がある。
53キロなら面白いと思う。

しかも、ダービーニュースには、
・好バランスでムダがない馬体が目立つ。充実著しい
・勝負どころの手応え以上に渋太いタイプ
・神戸新聞杯も菊2着馬とは0秒2と小差

と書かれていて、もしやの期待が膨らむw

そしてマイネヌーヴェルは、
何と言っても、昨年の福島牝馬Sでの豪脚が忘れられない。

思い出は馬券的中の敵」だと思うが、
この馬の一瞬の脚は、小回りのハイペース向きだと思う。
テッポー実績も魅力だ。

ただ、梶騎手の今年の成績が(3・3・6・127)
連対率.044というのが、軽くヤバイ

あくまで、有力馬の凡走という条件が付くが、
ヒモに引っ掛かってくれれば良いくらいの気持ちで、
人気馬と絡めて、夢を見てみたい気がする。

〜エリザベス女王杯〜
冷静に考えると、
福島記念の予想に頭を抱えるよりも、
人気馬を軸にして、当レースの3連単を買った方が、
効率が良い気がする…って言うか、おそらくそうなるw

でも堅そうなので、予想はしないw
posted by 仮初め at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 万馬券優先主義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

田中れいな16歳

11日は、田中れいなちゃんの16歳の誕生日。
ただそれだけだし、別に本人が見てるワケでも無いのに、
おめでとうと言ったり、
大きなお世話で、プロファイルまでしちゃうのがヲタの性かw

今年中学卒業してイケイケぶりが増しているけど、
同じキャラに見られるミキティと違うのが、ビビリな点。
どちらかと言うと、中澤裕子に近いキャラな気がする。

そんなギャップが、彼女のチャーミングな所だと思う。

飯田圭織・石川梨華卒業コンサートで、思わず泣いてしまったり、

末っ子の涙

末っ子の涙.jpg

アンケートで、ただ一人、
「(自分の)卒業はあり得ない」と言ったりするのを見ると、
娘。に対する思い入れ、「娘。愛」が強い子だと感じます。

やっぱりそういう子は、ヲタウケも良いよねw

16歳らしい、カワイイ色気が出てる写真集「れいな」好評発売中。

「れいな」より抜粋.jpg

「れいな」より抜粋2.jpg

P.S.
パシフィックヘブンのイベントですが、
当落ハガキは、大体未着受付日の6日くらい前に来るのですが、
本日あたりに「や−1(田中れいな・道重さゆみ)公演」の、
当選ハガキが到着しているらしいです。

れいな&さゆイベ当選ハガキ.jpg

当選者には入金があるから、
当選ハガキの方を先に送付していると思われるので、
来るのが遅い場合は、覚悟した方が良いかもw

さて、私が申し込んだ「や−3(高橋愛&田中れいな)公演」の、
未着受付日は、22日(火)
ってコトは、16日(水)あたりがXデー。
posted by 仮初め at 23:59| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ハロプロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。