2004年10月31日

ルーツ

当ブログのメインカテゴリー、いよいよ始動w

このブログの「EX」とは、
1990〜1994年放送の「EXテレビ」に由来している。
前番組の「11PM」に引き続き、
月水金が日本テレビ制作、火木が大阪よみうりテレビ制作というスタイル。
三宅裕司が司会の東京版は殆ど見なかったが、
上岡龍太郎司会の大阪版は殆ど見た。
火曜日は、上岡の他に島田紳助がレギュラーだったが、
パペポの「鶴龍」以上に「紳龍」コンビが好きだった。

あれ以降、あの番組に匹敵するものは数えるほどしか無いと思う。
放送が終了してから10年経つが、
いまだに思い入れの深い番組だし、番組を録画したビデオは宝物である。

EX OSAKAの話をし出すと纏まらなくなるので後に回すが、
今回の暴行事件で、紳助は上岡に相談し、
「芸能界は辞めるな。誠心誠意謝れ」と言われた、と記事で読み、
EX OSAKAファンだった者としては、
そのエピソード自体に感慨深いものを感じた。

事件自体に関しては、今は特にコメントする事は無いですw
posted by 仮初め at 05:09| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | EXテレビ魂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

我らの高田“笑”学校 その後の後

新曲「渡良瀬橋」のキャンペーン中の松浦亜弥ちゃん。
今週も多くのラジオ番組に出演したが、
何と「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」にも出演。
「風信子」の際は「大沢悠里のゆうゆうワイド」に出演していたし、
幅広い層に受け入れられている証拠でもある。

で、今回かなり久々に「ビバリー昼ズ」を聴いたのだが、
高田文夫のトークのノリが好きな者としては、笑いまくり。
高田文夫のペースにまみれるあややも面白かったが、
そんな状況でも、自分のペースを保ちつつ無難に切り抜けるあややは流石だった。

で、何回か番組を聴いていて思った事は、

やっぱり、「我らの高田“笑”学校」行きてぇな…orz
posted by 仮初め at 04:57| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月30日

ユニクロのアウトラスト

ユニクロホームページ

NASAの為に作られた最先端素材だそうで、
寒くなると暖かく、暑くなると熱を逃がすという、
汗をかきやすい私には、非常に魅力的な洋服。

この時期は、内外の気温差が激しく、
電車や建物で汗をかいてから外に出た時なんか、
汗が冷えてくしゃみしたり、最悪風邪を引き起こしたりと、
洋服と肌の間の温度に気を使うワケですが、
人の多い所で一々上着を着脱するのも具合が悪く、
結局、帰宅した時にはTシャツが汗だく。

タートルネックのアウトラストシャツが¥1000だったので、
そんな私の救世主となるのを期待して、試しにと買ってみました。
これからの時期を意識し、色は黒w
上にコートを着て外出してみたのですが、
確かに、(・∀・)イイ!感じ。

それ以上にしっくり来たのが、タートルネック。
タートルネックと言えば、セーターくらいしか持ってないけど、
肌にチクチク来る感覚が苦手なので着てなかったのですが、
この素材は全くチクチクしなくて、気持ち(・∀・)イイ!

しかも、ノドが温められるので、
この時期、寝巻きとしても非常に有効じゃな〜い?
店頭から消える前に、あと数着買っておくか。

P.S.
水曜日にチノパンを買ったのですが、
金曜日に行った時は、1000円引きになってましたorz
posted by 仮初め at 22:16| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月29日

我らの高田“笑”学校 その後

で、いつもより早めに起きて準備をしている時、
目に留まったのが、公共料金の請求書。
忘れてた…(汗)

そして、行きの電車の中で色々考えた結果、回避を決断…。
しかも、「我らの高田“笑”学校」だけでなく、
文化の日の後藤真希コンサートも回避が濃厚、
と、急転直下w

それなのに、出先で日刊スポーツを見たら、
「我らの高田“笑”学校」出演者のインタビューが載ってやがって、
それを見たら、やっぱり激しく行きたいOTZ
なぎら健壱のネタ見てぇ〜。

でも、そろそろ来春の娘。コンの先行予約があるし
飯田圭織卒業ライブのチケも確保しないといけないし
mp3プレイヤーも欲しいし

来月は、大人しくしてます…_| ̄|○
posted by 仮初め at 01:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月28日

我らの高田“笑”学校

お笑いのライブには2回だけ行った事があるのだが、その1つが表題のライブ。

高田文夫主催で、レギュラーの浅草キッド&松村邦洋と旬のゲストが、
一組20分の持ち時間でネタを披露する。
季節毎に行われ、今回が22回目…だと思う。前回はヒロシが出演した。
是非とも行きたかったのだが、発売日の朝10時40分には完売していた。
どこぞのアイドルとは違い、
オークションにも殆ど出品されない、正真正銘のプレミアチケット。

そして、次回11月29日の公演の発売日が、本日28日である。
今回こそは、発売開始直後に購入出来るように早めに行かなければ。
今回の出演は、
高田文夫・松村邦洋・なぎら健壱・つぶやきシロー・カンニング・浅草キッドである。

ちなみに、前回私が見に行った際(1999年6月2日)の出演者は、
高田文夫・ポカスカジャン・松村邦洋・東京ボーイズ・海砂利水魚・浅草キッド

P.S.
私が行った事のあるもう一つのお笑いのライブの話は、
時間が無いので、また後日。
posted by 仮初め at 02:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

都会の慢心

何度も上陸した台風。
新潟県での大地震。
いずれの災害も、
地方に暮らす高齢者が、一番ダメージを受けるハメになった。
それに比べて、大都会東京は被害など殆ど無い。
ホント不平等だと思います。
都会の人間にとっちゃ、所詮対岸の火事。
土砂崩れ現場からの救出活動の中継を、笑って見てる奴もいるからね〜。
そのくせ、いざ自分の身に降り懸かったら、
「早く助けろ」とか「あれよこせ」とか、
好き勝手を言って場を混乱させる奴らが大量に出てきそうである。
略奪も、あちこちで起こりそうだな。
地震よりも、それ以降に地獄が待っていそうな感じがする。
もちろん、そんな事は起こって欲しくないですが。

ここで、今回の地震報道を見て、ギター侍風にひとネタw

俺達、視聴者〜。
テレビ報道は、地震のメカニズムとか解説してるじゃな〜い。
でも、あんた。
今必要なのは、そんな情報なんかじゃないですから〜!
ざんね〜〜〜〜〜ん!!!!!
テレビ報道の了見の方がグラつき斬り!

P.S.
被災者の不安な気持ちに付け込むオレオレ詐欺があったそうな。
かつては世界に誇れた日本人の良心が、確実に腐りつつある実例です。
手前が楽をする為に人を傷つけるなんざ人間のする事では無い。
posted by 仮初め at 00:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月27日

ミキティナイトvs後藤真希コンサート

11月3日に、ハロプロ系の2つのイベントがある。
1つは、イベントと言うのは失礼だが、
後藤真希コンサート@中野サンプラザ
もう1つは、ミキティナイトというヲタイベント。

ミキティナイトの方に引かれはするが、
今年のさいたまスーパーアリーナでの、大マワリスト大会のような、
ウザい雰囲気になるのは容易に想像出来る。
「ロマンティック浮かれモード」の、
イントロでは、「ウリャ!ハイ!」という声を上げながら手拍子。
Aメロの合いの手は「ふ〜じもと、みきてぃ!」
サビでは、頭上で手拍子しながら回る。
それだけでも激しく気分が悪いが、
更に、他の曲でも変な合いの手を入れられた日には速攻帰るだろう。

いつの日か、みきたんのソロコンサートが復活した際には、
間違いなく、ヲタイベ発のアンダーグラウンドなノリに占領され、
永久に、元には戻らないだろう。
そうなるのなら、いっそソロコンは封印したままで良いと思う。
今思えば、昨年のソロコンの客の雰囲気は良かったと言えるかも。

喧騒を沈めるのは困難だが、静寂を壊すのはいとも簡単である。
もしソロコンが復活したなら、今回のヲタイベのノリがそのまま持ち込まれるだろう。
ヲタイベに参加する事は、将来のソロコンの惨状を垣間見るという意味しか感じない。
新たな、あり得ない合いの手やらヲタ芸をだけを見に行くようなモノだし。

それだったら、後藤真希コンサートに行く方が遥かに良い。
まあ、後藤真希コンサートもヲタに侵略されてますがw、
ごっちんのパフォーマンスが見たいし、何より楽しそうだし。

ごまコンの事に関しては、
後日、春コンDVDの感想と共に。

P.S.
さて、中野のチケはどう手配しようか。
posted by 仮初め at 02:27| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ハロプロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月26日

動画長者(w

「後藤真希コンサートツアー2004春〜真金色に塗っちゃえ!」
の映像を入手し、何回も見ているのだが、
「ライブ」やってるって感じするよな〜。
どうやら、中野サンプラザの相場が高くなさそうなので、
中野ライブに行こうかと計画中。

ちなみに最近、大物ファイルDL&それに伴うHDD整理、
そして、2chスレ巡回とかしていると、
あっと言う間に24時近くになってしまいます。
その上に、どんどん溜まる動画&音声を消化せねばいけないし。
なのに、ついついごまコンをずっと見ちゃったり。

要するに何が言いたいかというと、

ごっちん(・∀・)イイ!!

も、そうだが、
それでは無くて…。
人様の掲示板へのレスの下書きや、ここの書き込みの下書きの時間が取れません。
そういう事で(汗)>波出しさん&ぴーとさん

P.S.
今夜放送の「ドキみきNight」の消化も、明日以降になりそうだ(汗)
MP3プレイヤーがあれば、電車の中で消化出来るのに…。
価格.comでも見てみるか。
posted by 仮初め at 02:32| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松浦亜弥FCイベントwith握手会を終えて

結局、テンションが上がらず終いだったし、
何を言おうか迷ったままだったし、
終わってから複雑な気持ちなのだが、
それは、私の中では彼女はアイドルでは無いからだという事に気付いた。
私の中では、アイドル歌手をやっている普通の女の子。

でも、さすがにプロとしての姿は垣間見る事は出来た。
やはり、仕事中は透きは見せないと言うか。
あんな小さな体で、ホント頑張ってますよ。

イベ前後で気持ちは殆ど変わらないけど、
その頑張りを見て、好感度は上がりました。
イベ前の予習のせいか、気に入った曲も出来たし、
またライブに行きたいものです。

ところで、
日曜日の伊勢崎ライブにて、
「風信子」の曲のありがとうの部分で、突然声を詰まらせたらしい。
FCイベやラジオで、夏頃にかなり悩んでいた事を告白していて、
今は大丈夫だと言うが、確かに最近は吹っ切れた印象がある。

しかし、妙にテンションが上がってる時があったり、
今回のように、珍しく人前で涙を見せたりというのを考えると、
少し情緒不安定になってないか心配になる。
本人曰く、元々感情的な性分だそうなので、
最近の彼女の心境の変化が悪い影響を与えなければ良いのだけど。

一時期の篠原ともえちゃんがタブって見えてしまう。
posted by 仮初め at 01:32| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月24日

初めてギター侍を見た

ギター侍というのが巷で話題だそうだが、見た事が無かった。

春先に「からくり」で、さんまが真似していたのを見た時は全く知らなかった。
先月、石川梨華ちゃんがラジオで「言うじゃな〜い」などと真似した時も、
「何だ、このキモいキャラはw」と思った。

食わず嫌いになっちが出るので、「みなさん」を見ていたら、
最初のコーナーにいきなり出て来た。
しかも、波田陽区という名前もそこで初めて知った。
(・∀・)コレカ!

何だ、ナメた顔してるなw
あんな大声出して、声潰さないか?
別に、えなりの真似をして歌っているワケじゃないですよね?w

「エンタの神様」では、
プロデューサーなどが、芸人さんとネタやキャラを作り上げていくそうで、
彼も、当番組でキャラを作り出したようですね。
まあ、よく練られた構成だとは思いますが、
最初のインパクトは凄いけど、数回見ると慣れてくると言うか。
早く次のキャラを開拓しないと、第2のテツ&トモになっちゃうぞw

P.S.
「エンタの神様」って、最初は歌もありましたよね。
第1回は、モーニング娘。と宝塚のコラボもあったし。
最近は「伊東家の食卓」、古くは「電波少年」といい、
日本テレビは、テコ入れが成功してブレイクする番組が多いですよね。
逆に言うと、最初の企画が(ry
posted by 仮初め at 21:22| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月22日

I AIN’T OVER YET〜バンビーノの呪い

遂にレッドソックスが、プレーオフでヤンキースを破りました。
呪いが解けたという事は、遂にベーブ・ルースは成仏したようです(-人-)

イチローも84年ぶりに、記録の扉を開けたし、
古きジンクスを打ち破る年だったのではないでしょうか。

紳士と言われるヤンキースに対して、自由な気風のレッドソックス。
ジンクスを打ち破るに相応しい、素晴らしいチームだと思います。
呪いも解け、勢いに乗っている今こそ、
86年ぶりのワールドチャンピオンの絶好のチャンスです。

こういうチームは、肩入れしたくなりますね。
今日からワールドシリーズ終了まで、
レッドソックスを応援したいと思います。

そして、松井お疲れ。

P.S.
表題の「I AIN’T OVER YET」ですが、
「俺は、まだ終わっちゃいない」とかいう意味です。
観客席で青年が掲げている紙に書いてありました。

訂正:10月24日 21:14
バンビーノの呪いとは、ワールドシリーズの優勝が無いという事なので、
まだ呪いは解けていないのですね。
posted by 仮初め at 00:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月21日

競馬歴十周年月間突入記念#4「試行錯誤期〜産みの苦しみ」

競馬の以外のギャンブル経験は麻雀&パチンコだけだが、
どちらも始めに全然勝てなかったので、それ以降は手を出していないのだけど、
競馬だけは「もう1回」と思っちゃた様で、再び馬券を買いに行ったのである。

そして1995年12月17日。今から思えば運命の日。
9Rの中山大障害。8頭立てである。

新聞の予想印は3頭に集中している。
ブロードマインド(1人気) タイヤン(2人気) ユーワハッピー(3人気)
俗に「形勢三巴」と言うやつだ。
当然ながら、その3頭のBOXを購入し、余裕をかましてレースを見る。

ところが、タイヤン&ユーワハッピーが障害飛越に失敗し落馬。場内がどよめく。
この時点で、私の馬券は哀れ紙屑に。
しかし、そんな私を尻目にレースは続く。
本命党最後の砦、1番人気馬はまだ走っている。
しかし、どうも様子がおかしい。
勝つどころか、良い所に来る気配すら無い。
結局、終始他馬に絡まれバテた1番人気馬は4着と惨敗。
勝ったのは、何と最低人気の馬。
2着にも5番人気の馬が入り、8頭立てにも関わらず257倍の万馬券。

数か月前に、7頭立てで60倍を経験したが、
今回はそれ以上の洗礼。というよりイジメ。
本命を買って外れるのが、いかに空しい事か。
新聞の印の通りに、みんなと同じ馬券を買う事が、
どれほどアホらしいかを思い知ったワケで、
この日を契機に、穴党への道を進む事を決意するのである。

次回「学習の日々」
まだ、続くw
posted by 仮初め at 23:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 万馬券優先主義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女子フットサルEXPOカップ

ハロプロチームが優勝したらしいが、
どうやら2点ビハインドでフットサル要員を出し、
彼女の活躍だけで、何とか引き分けに出来たらしい。
劣勢になったら助っ人を入れるとはフェアじゃないよな。
それで優勝して「快勝」とか言われても萎えるばかり。

普段ステージに立つメンバー達が、
忙しい中、素人が練習を重ね成長する姿、
仲間と協力する姿が良いワケで、
馴染みの無い助っ人を呼んでまで勝つのを見ても冷めます。

イエローキャブ野田社長によると、
ハロプロはフットサルをビジネスとして考えているそうだけど、
勝つ為に助っ人入れるわ、客はハロプロファンばかりだわ、
対戦相手にとっては、やってられませんよ。
だから2チームしか来てくれないワケで。

ここ最近のハロプロが仕掛ける事は、何か負のオーラ出まくりだな。

みんな、早く逃げて!w

P.S.
そんな中、我らがミキティは、
うんこ座りをして黒スパッツ丸見えだったり、あぐらをかいたりと、
コートの外でも、素のミキティ全開だったようです。
まあ、そういう所も大好きなんですが。
posted by 仮初め at 22:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハロプロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月19日

「福嗣と信子なんとかしてほしい」by 金村義明

転載です。

>713 :代打名無し@実況は実況板で :04/10/17 23:10:43
>神のうpした品をミラーしておきます。
>ファイルが半年以上長持ちするうpろだにうpしておきます。
>
>金村が
>「福嗣と信子なんとかしてほしい」と発言
>ttp://chanpu2.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/source/up0146.mp3
>急に改まって「監督夫人と息子さんの横ですから」と発言
>ttp://chanpu2.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/source/up0147.mp3
>研ナオコ、信子、福嗣・・・、金村が端にいやがる。
>ttp://chanpu2.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/source/up0148.jpg

金村。お前は悪くないw 声を震わすなww
福嗣。顔変わったなw
何故、研ナオコw
posted by 仮初め at 00:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飯田圭織卒業コンサート、FCチケ落選祭り

某所で、こんな書き込みを発見。

>652 名前:1.25 本日のレス 投稿日:04/10/18 00:21:08
>全枠安倍初日&1/30で申し込んだんだが
>
>安倍:11/35
>飯田:6/35
>あと20枠確認するわ、今から

>753 名前:1.25 本日のレス 投稿日:04/10/18 00:30:29
>全枠安倍初日&1/30で申し込んで
>安倍:18/55枠
>飯田:12/55枠
>ですた。とりあえず1枚当たり50〜55Kついてくれるといいなぁ・・・名義指定なしで。

良席が来ようものなら、10万は行くかもしれませんから、
にわか者も含めて、転売屋には格好の稼ぎ時の、
こんな美味しいビジネスチャンスを逃す訳はありません。
今どき、良席チケに平気で大金を出してくれるのは、モーヲタくらいですから。

と、それは別の話として…。

今回は、いつも以上に当選の声を聞かないんだけど…。
特に、身内のかおり推しが当選していないのが、何とも心痛む。
自分が当選したら、譲ってあげてもいいと思っていたのだが、私も落選…。
別に、法外な金額を積んでまで行こうとは思ってないので、
そこそこの努力くらいまでしかしませんけどね。
でも、かおり推しには何としても見させてあげたいところである(素)

しかし、事務所側は真剣に取り締まったりした方がいいと思うな。
今や、ライブチケットを手に入れる為には、
一般人にとっては複雑すぎる手段を取らざるを得ない状況。
競争率の高い公演では、当選発表の数分後にオークションに出る現状。

最近、やたらヲタさんに擦り寄っている感のある事務所だから、
一般人を装って抗議とかすれば、動いてくれるんじゃないか?
posted by 仮初め at 00:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハロプロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月18日

松浦亜弥FCイベントwith握手会

行って来ました、あややイベ。

会場に着くまでは、
自分でも大丈夫かと思うほどテンションが上がらなかったけど、
やはり初めての対面という事もあり、段々とテンションUP。
外で入場を待っている間に、1回目のレポを見ると、
握手の際5秒くらい話せたらしく、
そう聞くと、「あれを話そうか?これも話そうか?」と、頭の中ゴチャゴチャw

で、手っ取り早く、握手会の話w

握手している姿は、寸前まで見えないようになっていたが、
近付くにつれて、あややの声が聞こえてくる。
毎回の事だが、明るく会話している声を聞くと、
自分の時はあれだけの反応を示してくれるのだろうか?と、プレッシャーが掛かる。

列は進み、いよいよあややの姿が見えてきたワケだが…

ちっちゃ!
顔ちっちゃ!
肌白っ!

とにかく、顔が有り得ないほどちっちゃい。
こんな小顔、ミキティ以来だと思う。

で、そこでテンパってもおかしくないが、
笑顔を絶やさず、一人一人丁寧に応対するのを見て一安心。
女性に対しては当然ながらも、
私の3人前の男なんて、
あややに、Tシャツだかアクセサリーだかを指差されてた。

ヲタ装備イジリキタ━━━━━━从‘ 。‘从━━━━━━!!

と、そんな事を考えていると、あっという間に順番が回ってくる。
いつもは、自分の前の人のやり取りを冷静に見ているのだが、
今回は余裕が無かったのか、自分の前の人のやり取りを覚えてない。

そして、いよいよ自分の番が…。

(´・ω・‘)<ウインクして下さい

注文通りにウインクするあやや。
顔自体が小さいから、目はもっと小さいワケで、
一瞬だけだと、ウインクしているのかどうか良く分からない。

その直後、
恥ずかしかったからなのか、私がキモかったからなのか、

从‘ 。‘从<あ〜〜〜〜〜ん

キャワ!黒ハート黒ハート黒ハート

しか〜し!
脳内計画は、これなので
そしてウインク

ピースを目の所に持って来て、

(´・ω・‘)<これ(ピースサイン)付けて

って、言いました。

そ〜したら、やってくれましたよ。
やった!!!

あやや、ありがとう&お疲れ様。

P.S.
話す事に気が行っていると、
握手の直後は、感覚を覚えてない場合が多いのですが、
彼女の握手は、感覚が残る握手でした。
やわくて暖かかったっす〜。

だからどうだ、って話なんですがねw
posted by 仮初め at 00:42| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月17日

秋華賞メモリアル

今年もやって来ました、このレース。
今でも思い出すのは、8年前の第1回の時。

オークスを制した後ぶっつけで挑戦も、断然1番人気のエアグルーヴ。騎手は武豊。
2番人気は、前哨戦ローズSを快勝したヒシナタリー。
この2頭が抜けた人気で、この2頭を外して買うとほとんどが万馬券。
これほどオッズが極端なレースも滅多に無い。

そんな中、私が注目したのが、
春のGIでは惨敗したが、前哨戦ニュージーランドT快勝のファビラスラフィン。
春先の印象が強烈で、どうにも無視出来ない存在である。
あまりにも気になって、人に勧めるほどだった。
勧められる方としては、良い迷惑であるw
しかしその後、
クイーンSを勝ったレインボークイーンがどうにも気になりだし、本命を変更。

そして当日、競馬場で馬券を買いレース観戦。
3角までは、何て事無い無難にレースが終わるかと思いきや、
4角手前で、エアグルーヴに鞭が入る様子が映し出され、場内がどよめく。
明らかに反応が悪く、全く伸びて来ない。
思わず「エア来ないぞ!レインボークイーン行け!!」と叫ぶ私。
しかし、これが伸びそうでジリジリとしか伸びて来ない。
しかも、先頭を走っているのは何とファビラスラフィン…。

結局、人気の2頭は馬群に沈み、
1着にファビラスラフィン(5番人気)・2着に3番人気馬が来て、
5&3番人気の組み合わせなのに万馬券。
あれだけ人に勧めたのに、自分では買ってないし、
後で「おかげで取れたよ」とか言われるしorz
その後の4年間で3度の万馬券が出たが、ここ3年は本命決着。

さて、今年は?
ダンスインザムードかなぁ…。

P.S.
ちなみに明日は、
馬券は買わずに、あややに会ってきますw
posted by 仮初め at 01:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 万馬券優先主義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月16日

松浦亜弥FCイベントwith握手会対策進行中w

大阪イベでは、私が聴いた事の無い曲を歌ったので、
日曜日の東京イベに向けて、只今アルバム曲を中心に予習中。

しかしまあ、彼女は器用だね〜。
つくづく凄い子だと思いましたよ。
だからこそ、求められるモノも大きいから、
最近は、何やかや言われるワケで、
「最近どうしたんだ?」と言いたくなる気持ちも良く分かった。

さて、握手時の言動をどうするか?
前回、人様のレポを読んでヒントを得たが、
それで、ほぼ固まりつつある状態。
大阪とは違い、東京は高速で流れるだろうから、
奇を衒わず、簡潔で分かりやすいモノにするつもり。

脳内計画
  ↓
そしてウインク

後は、ちゃんと聞こえる様に言えるかどうかである(実は、これが肝)

P.S.
今の髪型で会うのはちょっと嫌なので、
明日あたり、カモフラージュ用の帽子を買いに行こうかと。
posted by 仮初め at 00:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハロプロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月13日

競馬歴十周年月間突入記念#3「ザ・試練goes on」

人生初の馬券は外れてしまったが、次に選んだレースは、何と7頭立て。
これは、初的中が期待できるレースである。
競馬の神は、美味しいレースを与えてくれたなあ…。
しかも「BOX買い」という買い方を教わり、俄然初的中に期待が膨らむ。
って言うか、人気どころを3頭くらい選べば外れるワケないっしょ!
ってコトで、2・3・4番人気の3頭を選び、馬券購入。
そしてレース。

人気馬総崩れ…_| ̄|○

7頭立てなのに、6650円(66.5倍)もついた。

うそ〜ん!
何これ?
仕組まれた?
作戦?

気を取り直して、次のレース。
連れも、まだ当たってないし(笑)

次は、本日のメインレースらしい。
メインレースは、競馬新聞で一番大きく掲載されていて、
有力馬の名前なんかも、目立つように「○○確勝だ」とか書かれてるし、
メインレースなら本命が来るだろうという、
よく分からない根拠の元に1番人気の馬を中心に購入。

しかし1番人気の馬は、またもや惨敗(4着)…_| ̄|○

配当は5480円ついた。

何だよ、当たんね〜よ!
新聞の印なんか当てにならね〜じゃんかヽ(`Д´)ノウワァァァァァァン!!!

ってコトで、
競馬初日は、競馬は簡単に当たらないという事と、
新聞の印は当てにならないという事を学んで帰って来たのである。
そして、競馬との格闘が始まり、少しずつ成長して行くのだが…。

次回、「試行錯誤期〜産みの苦しみ」に続く。
posted by 仮初め at 23:05| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 万馬券優先主義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松浦亜弥FCイベントwith握手会対策準備中w

大阪イベ1回目では、握手の時間に余裕があったそうだ。
中には、8秒近くも話せた人が居るらしい。
そう聞くと、話したい事がポンポンと浮かんでくるものだが、
1回目にゆっくりやったせいか、2回目のイベントの開始が遅れたらしい。
どうやら、東京は3回目まであるらしいので(汗)、
大阪に比べると、遥かに高速になる事は否めない。
短い時間で、「ありがとうございます」以外のリアクションを

从σ‘ 。‘从σ <ゲッツ!

する為に、対策を練らねば。

レポによると、大阪での彼女は、
ちゃんと笑顔で対応し、粘る人にもちゃんと目で追っていたらしい。
予想通りではあるが、やはり流石である。

しかしMCでは、ドラマ撮影の時期にかなり凹んでいた事を告白。

以下、レポから抜粋。
*****************************
もう一曲唄ってもいいですか?
「渡良瀬橋」なんですけど、
最初、森高さんのCDを貰ったんですが、
あまり聞かないようにしてたんですね。マネになっちゃうから。
で、詞を読んだら、これが凄く心の中に入ってきてね。
私はいつも元気元気でやってきてますが、
ちょうどドラマの終わり頃かな?
ちょっと元気が小さくなった時期がありまして。
18年生きてきて一番かもしれないくらい、あれこれ考えてしまって。
でも、これじゃいけない。松浦亜弥は松浦亜弥で行こう!って考え始めた頃、
この詞を貰って、心にどーんと来たんですよね。
*****************************
…………………………

昨秋、ライブの出来に端を発して、色々言われた時がありましたが、
何やかやと言われている時ほど、応援心が沸々と涌いて来るんですよね〜。
レポを幾つか見ているうちに、握手時に使えそうなネタを拾ったりして、
徐々に燃料が補給されつつあります。

イベントでは、当然ながら歌を歌ったそうなのですが、
まず5曲候補を挙げて、その中から2曲を選ぶ方式だそうで、
その候補曲が、
「ね〜え」「逢いたくて」「私のすごい方法」「ラブチャン」「私と私と私」

そのレポを見て、みんなが、
「ラブチャンキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!」
とか言ってるんだけど、
何だ?「ラブチャン」って…(激汗)
調べてみると、どうやら「ナビが壊れた王子様(LOVE CHANCE)」らしい。
知らなかった…(汗)
「逢いたくて」(風信子のB面)も聴いた事無いし。
こんな私がイベントに行っても良いのでしょうか?(w

とりあえず、音源が手元に無い「逢いたくて」以外を予習中。

P.S.
やっぱり、横髪が鬱陶しいので、床屋に行って来ましたよ。

で、その結果…。

ちょっと切り過ぎたか…。
毒蝮三太夫みたいだ…_| ̄|○
posted by 仮初め at 00:49| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ハロプロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。